1. まとめトップ

脳死状態で出産したママ 奇跡の赤ちゃん 私は死んでも生まれる子は守る

脳死状態で出産したママ 奇跡の赤ちゃん 私は死んでも生まれる子は守る

更新日: 2015年05月06日

0 お気に入り 14018 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ilfkazuさん

脳死状態で出産したママ 奇跡の赤ちゃん 私は死んでも生まれる子は守る

アメリカ ネブラスカ州で54日前に脳死を判定された
ママが男の子を出産と言う奇跡が起こっております。

男の子を出産後 静かに息を引き取りました。

天使の産声はほろ苦かった。
産声を聞いてカーラペレスさんは静かに息を引き取りました。

突然、彼女は彼女の家で倒れ、病院に運ばれました。
医師は彼女が絶望的な頭蓋内出血を受けてて脳死でした。

しかし、医師たちは 22週目であった彼女の赤ん坊を、救うことができる決定しました。

他にもある脳死状態で出産したママのお話し

ドイツで昏睡状態の女性が健康な赤ちゃん出産

ドイツで昏睡状態の女性が健康な赤ちゃん出産

 [ミュンヘン 9日 ロイター] ドイツで妊娠13週目に昏睡状態に陥った40歳の女性が、その22週間後に健康な赤ちゃんを出産していたことが分かった。バイエルン放送協会が9日に伝えた。(ロイター)

◇脳死女性の出産例も
・ 英国人女性、脳死診断の2日後に女児出産 - ロイター(1月14日)
・ 脳死女性、78日後に出産 - イタリアに好奇心(2006年6月15日)

英国人女性、脳死診断の2日後に女児出産 2009年 01月 14日 10:41 JST

[ロンドン 13日 ロイター] 英国人女性が脳死と診断されてから2日後に、未熟児ながらも健康な女児を出産したと、地元メディアが13日報じた。
 女性は、元アイススケート選手のジェーン・ソリマンさん(41)。自宅で転倒して脳出血を起こし、そのまま回復しなかった。

 当地のオックスフォードにあるジョン・ラドクリフ病院の医師団が今月9日、当時妊娠25週目だったジェーンさんに対し、帝王切開による出産を執刀。女児の体重は972グラムだった。

 出産後、ジェーンさんに施されていた延命措置は止められた。女児の父親でエジプト出身のマームード・ソリマンさん(29)は、デーリー・メール紙に対し「母親になるのがジェーンの夢だった」と語っている。

2006年6月15日 (木) イタリア脳死女性、78日後に出産

ミラノで、脳死状態となってから78日後の女性が出産した(コリエレ・デッラ・セーラ、6月11日)。

出産したのは、クリスティーナという38歳のエステティシャンで、脳の動脈瘤破裂で妊娠17週目で脳死状態となった。
妊娠4ヶ月目で、去る3月24日のことであった。

クリスティーナの妊娠は、脳死から78日間延長された。10日の朝方、母体の血圧低下、胎児の徐脈が見られたため、帝王切開が決定され、クリスティーナ・ニコレが生まれた。

赤ん坊の体重は713グラムで、新生児集中治療室に入った。

出産の後、法で定められた時間が経過したあと、臓器は移植された。両親が臓器提供に同意していた。

脳死女性からの出産は、世界で11例目とのこと。

1