1. まとめトップ

その腹筋ではお腹は凹まない!正しい腹筋ダイエット方法とは

正しい腹筋ダイエット方法を紹介します。

更新日: 2017年08月14日

meigen100さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
10 お気に入り 10612 view
お気に入り追加

夏までにお腹を引き締めたいと思う人は多い・・・

お昼食べ過ぎたから白米抜いてカレーだけ食べた( 'ω') 運動しないとなー、夏にはお腹を引き締めたい。

@sodeepsubaru すーさんおはよー!♡ 夏までにお腹を引き締めたいので、福岡でもWSお願いしやす!♡ 今日から福井楽しんできてね*\(^o^)/*

夏までにダイエットをしたい人は7割!1番引き締めたいのは「お腹」

ダイエットで体のどこを引き締めたいか訪ねたところ、1位は「お腹・ウエスト」で81%でした。続いて「太もも」42%、「お尻」30%という結果になっています。

すぐにしようと思い浮かべるのが「腹筋」です。

でも、こんな腹筋をしていませんか?下の写真には欠点があります。

共通するのが「手の位置」

手で首を支えると効果が半減します。

効かせるためのクランチ種目の手の位置は,手を頭の後ろで首を支えないことにある。手を頭の後ろで組み,首を支えてしまうことで知らない間に手の力や反動を使って身体を起こし,楽をしようと腹筋トレーニング(?)しているということになってしまう。

センサーで(腹筋中の)筋電図をとって何が正しいやり方じゃないかを調べたところ、頭を抱えること自体が良くないとわかったんです。首に力が入って手が疲れて(余分なところに力が入って)しまうんです。

首を痛めてしまうことも・・・

手の力で頭を持ちあげるように腹筋を行うことで場合によっては首に負担が掛かりやすく,首を痛めてしまう恐れもあるので注意が必要だ。

では、どうすれば効果的なのでしょうか?

手を胸の前でクロスさせる方法もよいかもしれません。

昔は頭の後ろでというのが主流でしたが、姿勢が悪くなったり、呼吸が乱れたり、腰を痛める人が多く、最近は手を胸の前でクロスさせる姿勢が主流です。回数を多くするなら胸の前をおススメします。

ダイエット関連

1 2





meigen100さん