1. まとめトップ

怖い。。。もしも、箱根山が噴火したらどうなるのか・・・?

最近注目されている箱根山。もしもこの箱根山が噴火したらどうなってしまうのか。。。被害予測、影響のまとめです。

更新日: 2016年11月17日

0 お気に入り 45719 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nekotetuさん

近頃、箱根山で火山性の群発地震が発生している。

先月下旬から火山性の群発地震が続いている箱根山では5日、午後2時までに地震回数が150回を超え、一連の活動の中で、一日に起きた地震回数としては最も多くなった。

さらに5日朝は、箱根町湯本で震度1の揺れを2度記録。
⇒初の有感地震だった。

現在、大涌谷は立ち入り禁止に

4日、地元の箱根町は、万が一の事態に備えて、朝から大涌谷周辺のハイキングコースや遊歩道などを、半径およそ3キロの範囲で閉鎖。

過去にも噴火している箱根山

実は、元々富士山ほどの高さがあった。

しかし、噴火を繰り返したことにより、今の標高になったと言われている。

もしも、この箱根山が噴火したらどうなるのか・・・?

◆溶岩流の発生

火山の噴火に伴って、地下のマグマが液状の溶岩として地表に出現し、低地へ流出する状況

もしこれが山梨側に流れたら富士吉田市に来る可能性も

◆火砕流の発生

高温の火山砕屑物と火山ガスが混合して流動化したもの。

過去の噴火の影響で20㎝ほど火山灰が積もった。

◆インターネットが使えない

インターネットの不通により、携帯電話などの通信網が麻痺する

火山灰が電子機器やコンピュータの吸気口から吸い込まれると、静電気によって内部に付着する。

1 2 3