1. まとめトップ

ナイフ1本で薪割から調理まで キャンプやブッシュクラフトに向くシースナイフ5選

キャンプ、ブッシュクラフトからサバイバル、ナイフ1本でバトニング(薪割)からフェザースティック、調理までこなせる、丈夫で超実用的なシースナイフのまとめ。

更新日: 2017年02月06日

33 お気に入り 114997 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

se_bianさん

Moraknife

ブッシュクラフトと言えばMORAKNIFEというほど、有名なスウェーデンのナイフメーカー。
マイクロべベルのついたスカンジグラインドで有名。ついにフルタングナイフも発売。

モーラからついに発売されたフルタングナイフ。
低価格も魅力のモーラだが、こちらは少し高めの価格設定。

ブレード素材:ステンレススチール 
ハンドル素材:ポリアミド
•刃長:約109mm 全長:約229mm 刃厚:約3.2mm 重量:約170g(ナイフのみの重量)
•付属品:マルチマウントシース, ベルトループ
•生産国:スウェーデン

ブレード素材:CARBON STEEL 
ハンドル素材:RUBBER
刃長:約109mm 
全長:約232mm 
刃厚:約3.2mm 
重量:約123g(ナイフのみの重量)
付属品:プラスチックシース、ファイヤースターター
生産国:スウェーデン

FALLKNIVEN

こちらもブッシュクラフトとハンティングのメッカ、スウェーデンのメーカー。ファルクニーベンと言えば、コンベックスグラインド(ハマグリ刃)が有名。

コンベックスグラインド(ハマグリ刃)でフルタングの大型ナイフ。

全長    280 mm
刃渡り   160 mm(固定刃)
ブレード厚 6 mm
重さ     305 g
タング   フルタング
鋼材    ラミネートVG10
硬度    59 HRC
ハンドル  Kraton®
シース(鞘)Zytel®

こちらもコンベックスグラインド(ハマグリ刃)のフルタングナイフ。

全長    210 mm
刃渡り   97 mm(固定刃)
ブレード厚 4.5 mm
重さ     150 g
タング   フルタング
鋼材    ラミネートVG10
硬度    59 HRC
ハンドル  サーモラン
シース(鞘)レザー

BarkRiver

バークリバーはアメリカの、コンベックスグラインド(ハマグリ刃)を採用している有名メーカー。

全長:230mm
刃長:107mm
刃厚:5.5mm
重量:209g
ハンドル:ブラックキャンパスマイカルタ 本革シース付

Tent-Mark DESIGNS

Tent-Mark DESIGNSと言えば、ソロ用タープの名品「ムササビウィング」を思い浮かべる人も多いと思うが、個性的で魅力のある商品はそれだけでは無い。

ブレード(刃):440C ステンレス
ブレード厚  :4mm
ハンドル材  :マイカルタ
シース材   :天然牛革
日本製(岐阜県関市)

トヨクニ

和式刃物で有名なトヨクニ。実用的で通好みの和ナイフの魅力が満載。

刃長/全長/厚み/刃形  90/210/4/両刃
• 幅/表面/柄  23/磨全曇り/樫オイルステン仕上 チェッカー入り
• 輪/鋼  黒丸輪/DM15(7層+青2+7層)
• 皮ケース  牛革

1