1. まとめトップ

[本当に怖い心理実験]恐怖!今では禁止されている恐ろしい実験の数々

注意決してマネしないでください!まだこれから更新してきます。

更新日: 2017年03月31日

6 お気に入り 19824 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yuuuuuuuma46さん

フィラデルフィア計画

フィラデルフィア計画とは、1943年10月28日に、米ペンシルベニア州フィラデルフィア沖合で、米海軍が行ったとされる軍事実験のことである。

この実験により米駆逐護衛艦エルドリッジが、短期間、緑色の霧に包まれて消えてしまったという。戦艦は消えた後、2500キロ離れたノーフォークまで瞬間移動し、再びもとの位置へ戻ってきた。死者、行方不明者合わせて16人、発狂者6人という大惨事となり、海軍上層部はこの事実を隠ぺいしたと噂されている。

この話はでっちあげだと広く信じられており、海軍もこのような実験はなかったと否定している。それにも関わらず、多くの陰謀論者たちによって支持され、現在でも様々な論議を巻き起こしている。

1943年10月28日、ペンシルベニア州フィラデルフィアの海上に浮かぶ「エルドリッジ」を使って、遂に大規模な実験が秘密裏に行われた。
当時は第二次世界大戦の真っ只中であり、実験は新しい秘密兵器「磁場発生装置テスラコイル」を使い、「レーダーに対して不可視化する」というものであった。 エルドリッジの船内には多くの電気実験機器が搭載されており、そのスイッチを入れると強力な磁場が発生 駆逐艦がレーダーからはもとより、肉眼でも認められなくなった。実験は成功したかのように見えたが、不可思議な現象が起こる。実験の開始と共に海面から緑色の光がわきだし、次第にエルドリッジを覆っていったのである。次の瞬間、艦は浮き上がり発光体は幾重にも艦を包み、見る見る姿はぼやけて完全に目の前から消えてしまった。

「実験開始直後に、駆逐艦はレーダーから姿を消す」、ここまでは実験参加者達の予定通りであった。しかし直後にエルドリッジは「レーダーから」どころか完全に姿を消してしまい、おまけに2,500km以上も離れたノーフォークにまで瞬間移動してしまっていたのである。それから数分後、またもや発光体に包まれ艦はもとの場所に瞬間移動した。
再び戻ってきたエルドリッジだが、驚くべきことに乗員は、次のような惨状に陥っていた。

・体が突然燃え上がった
・衣服だけが船体に焼き付けられた
・甲板に体が溶け込んだ
・発火した計器から火が移り、火達磨になった
・突然凍り付いた(冷凍化)
・半身だけ透明になった
・壁の中に吸い込まれた

また、生き残った乗組員も精神に異常をきたし、エルドリッジの内部は、まさに地獄絵図の如くであった。唯一、影響を受けなかったのは、鉄の隔壁に守られた機械室にいた、一部のエンジニアたちだけだった。
こうして実験自体は成功したが、「行方不明・死亡16人、発狂者6人」という、取り返しのつかない結果になった。このことに恐れおののいた海軍上層部は、この極秘実験を隠蔽したといわれている。

しかも、この実験を行ったのは人類史上最高のIQをもつジョンフォンノイマンなのだ。

ジョンフォンノイマンとは、アインシュタインも認める天才。
アインシュタインやハイゼンベルクなどなど、稀代の天才たち全員が「自分たちの中で一番の天才はノイマンだ」と言っていた。
(ノイマン自身はアインシュタインが一番だと言っていた)

1903年12月28日、ハンガリーのブタペストに生まれたジョン・フォン・ノイマンは、小さな頃から「神童」と呼ばれるような優れた頭脳の持ち主でした。

あまりのありえなさに伝説しか残っていない
ノイマンは人間そっくりだが、本当は宇宙人
ノイマンは、子供の頃、電話帳1冊を完全に記憶した。
6歳のとき、8桁の割り算を暗算で計算することができた。
8歳の時には「微積分法」をマスター

[フリードリヒ2世の実験]

神聖ローマ帝国ホーエンシュタウフェン朝の皇帝フリードリヒ2世。
彼はあらゆる人体実験を行っていた。この実験は、その中の一つとされている。
彼は、人間は生まれたときから自分の言葉をもっていると信じていた。

「言葉を教わらないで育った子供が、どんな言葉を話すのか」と、疑問を持ったことがきっかけだった。この実験のため、部下に50人もの赤ん坊を集めさせたとされている。
赤ん坊を部屋に隔離し、そこで面倒を見るのだが・・・

面倒をみる際、目を見てはいけない、笑いかけてもいけない、語りかけてもいけない、ふれあいを一切してはいけないと命じた。乳母や看護師からは十分なミルクを与えられていた。
しかし、愛情を貰えなかった赤ちゃんたちは、フリードリヒ2世の予想に反して全員しんでしまった。   
  
 他にも、、、

心理学者のルネ・スピッツは、戦争で孤児になった乳児55人に対しミルクを与え、、排泄の処理も、風呂も、環境も整えるが、人間的スキンシップを一切行わない実験をした。

その実験では・・・
55人中、27人が2年以内に死亡。
残った子供も、17人が成人前に死んでしまい、11人は成人後も行き続けたが、その多くには知的障害や情緒障害が見られた。

これは、スキンシップが無かった事による成長ホルモンの減少、免疫力の低下が原因だと考えられている。

ゲシュタルト崩壊

大戦中 ナチスがユダヤ人に行ったと噂される実験。
人格をコントロールするという名目で一日数回被験者を鏡の前に立たせて、鏡の向こうの自分に話し掛けさせる。

例えば「お前は誰だ」と言わせ、精神の変化を観察記録していった。
実験開始後、10日間経過したころには被験者たちに異変がみられ、判断力が鈍り、物事が正確に把握できなくなってきた。

開始2週間ほどで独り言をつぶやくなどの異常行動をとりはじめた。
そして1ヶ月経った頃にはすっかり自我崩壊し、ついには自分がだれだかすらも本当に分からなくなってしまった。最終的には自身の身体を傷つけたり、自殺する物も現れたという。

1