1. まとめトップ
  2. カラダ

やる気出ない…。そんな5月病は食事で乗り切ろう!

社会人の5月病に代表されるとおり、5月は「連休後」「新しい環境になじめない」等いろいろとやる気を失うような季節です。そんな症状が出てきたらぜひ食事で解決してください!どんな食事をとれば辛い5月の時期を乗り切りれるかをまとめてみました。

更新日: 2015年05月07日

134 お気に入り 61397 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nakanatsuさん

■何かとやる気がなくなる5月の時期

そもそも5月はやる気が出ない人が多いようです。

連休から現実に戻るとき、人々は仕事や勉学にやる気を失うことが多いようです。

やる気が出ないのは自分だけではないようです。

新しい環境になじめない。新入社員を中心とした「新生活疲労」がやる気を奪っているようです。

5月病や6月病に代表される、環境の変化についていけないことで起きる精神疾患として「適応障害」がある。

■食事で直せる!「五月病対策」には栄養素に注目をしよう!

バランスのいい食事を心がけよう!

五月病の理由は、一人暮らしを始めたり残業などで食事の栄養バランスがうまくいかなくて体調が悪くなるため。

栄養バランスの良い食事とは、一般的に「炭水化物:たんぱく質:脂質=60:20:20」といわれています。

5月病になりやすい典型例は「カップラーメン・菓子類などが食事のほとんど」「インスタント食品・加工品ばかり」「不規則な生活」

不摂生はなるべく控えるのが一番の対策になりそうです

意外なことに「牛乳」がダメ?牛乳はリラックス効果がある、と言われていますが、実は逆にイライラが増すという意見もあります。

腸に負担をかけるため、イライラが増すようです

ただし、食事がストレスになっては元も子もないので気にしすぎは厳禁。

気楽に美味しく栄養のあるものを食べましょう。

■料理をする人は、具体的にはこんなレシピがオススメです!

旬な野菜を使った料理が体にいいようです。

食材としては旬の野菜を摂ることが基本。新じゃがいもや春キャベツ、キヌサヤ、そら豆、ニラ、長芋など、春の食材を摂るようにすればいい。

キャベツとジャガイモの豚肉炒め・春キャベツのパスタ等は簡単にできそうです

タケノコご飯がおススメ。タケノコにはやる気を高める成分シロチンが含まれているためです。

タケノコは4~6月が旬です。5月病対策にもってこい

■料理をしない人でも大丈夫!コンビニでも十分に食事の対応はできます。

今のコンビニは商品が充実しているのでバランスがいい食事ができます

基本的にコンビニ食や外食は“野菜不足”“高塩分”“脂質過多”になりがち。しかし、これらに注意してうまくカバーすれば、ちゃんと栄養バランスを取ることはできる!

コンビニで購入できる健康的な料理の組み合わせは意外に豊富だった!

■野菜が大事!けれども野菜が苦手な人はどうすればいいの?

野菜が苦手な人は工夫してビタミンを摂取しましょう。

市販の野菜ジュースでは栄養素的に十分とは言えない。頼りすぎないようにしましょう。

■そもそも食欲が出ないという人はどうすればいいのでしょうか?

食欲のない人でも工夫をすればきちんと栄養分を取ることができます。

食欲不振の最大の原因は「ストレス」。まずはストレスを取り除くことを考えて!

1 2