1. まとめトップ

【2017年版】FELT(フェルト)の最新情報【ロードバイク】

■ブランド:ドイツ ■代理店:ライトウェイ

更新日: 2017年03月31日

hukukenさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
12 お気に入り 61890 view
お気に入り追加

▼ニュース

▼FELT(フェルト)を使用している自転車チーム

▼漫画、アニメでFELT(フェルト)に乗っているキャラクター

▼2017年モデル

▼ARシリーズ

エアロロードのARシリーズは、フォーククラウンとヘッドを一体化させることで、空気の整流作用を大幅に高めた。さらにブレーキング性能を向上する「Twin Tail Fork」(ツインテールフォーク)と、シートアングルを調節できるシートポストの新機構「VGO」(Variable Geometry Optimized)を採用

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥468,000
重量:908g(フレーム)

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥298,000
重量:1100g(フレーム)

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:11速105完成車 ¥278,000
重量:8.01kg
タイヤ:700×23c

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:11速ULTEGRA完成車 ¥378,000
重量:8.15kg タイヤ:700×23c

▼FRシリーズ

「FRシリーズ」はライダーからの信頼が厚いジオメトリーを踏襲しながら最高のパフォーマンスを 引き出すために、最新の解析技術を駆使してフレーム形状を一新。従来のモデルより快適性と路面追従性が向上し、急峻な超級山岳へのヒルクライムから最高速でのゴールスプリントまで、あらゆるシーンにおいて最高のパフォーマンスを発揮

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥468,000

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥288,000
重量:1,200g(フレーム)

特にBB周りは硬く作ってあり、力をかけて踏んでも全くたわむ気配はありません。それにより高いパワーでもしっかり加速に繋げてくれる感覚がありました。

ハンドリングはクイックで、コーナーでバシッとブレずにターンできるので、特にレースではコーナーでインをしっかり突いていくコーナーリングができる

レースでこそ光るフレームですし、乗鞍のヒルクライムや実業団レースで勝ちを狙いたい人には間違いはないと思います。ただ、楽しく乗るためにはある程度の脚力を要求してきますので、乗りこなすにはそれなりの練習が必要かもしれません。

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:11速ULTEGRA Di2完成車 ¥698,000
重量:7.34kg タイヤ:700×25c

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:11速ULTEGRA完成車 ¥348,000
重量:7.71kg タイヤ:700×25c

パワーをかけると“タメ”を持たせながらしっかりと前に進ませる推進力が強くなったこと。また、乗り心地がさらに良くなりましたよね。リア周りのコンフォート性能が高いです。BB下にブレーキを移動させたメリットがしっかりと表れています。

元々、クセがない性能が魅力的なFシリーズでしたが、FRは良い面をそのままにさらにブラッシュアップされていました。性能は高く、価格も魅力的。あらゆる要素が高い次元でバランスしているよね。

クセがないバランスの良さは先代譲りですね。物理的に軽く、振りも軽快だったので、上りで不快なことは全くありませんし、下りに関しても強化されたフォークが生き、良さしか感じませんでした。バランス良いです!

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:11速105完成車 ¥248,000
重量:7.98kg タイヤ:700×25c

1 2 3 4 5





このまとめに参加する