1. まとめトップ

【2018年版】RIDLEY(リドレー)の最新情報【ロードバイク】

■ブランド:ベルギー ■代理店:JP SPORTS

更新日: 2017年09月24日

hukukenさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
14 お気に入り 310731 view
お気に入り追加

▼RIDLEY(リドレー)を使用している自転車チーム

▼漫画、アニメでRIDLEY(リドレー)に乗っているキャラクター

▼2018年モデル

▼NOAH SL(ノア SL)

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥400,000
フレーム重量:920g

▼NOAH(ノア)

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥275,000
フレーム重量:1,080g

▼HELIUM SLX(ヘリウム SLX)

ボリュームアップしたトップチューブ、ヘッドチューブ、ダウンチューブのフロントトライアングルが剛性アップに貢献しつつ、フレーム単体の重量は750gを達成。もちろんヘリウム伝統の細身のシートステーを継承し、その高い振動吸収性は過酷なパヴェ(石畳)でのテストで実証済み。

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥385,000
フレーム重量:750g

▼HELIUM X(ヘリウム X)

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥268,000
フレーム重量:900g

▼FENIX SL(フェニックス SL)

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥238,000
フレーム重量:1,070g

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥228,000
フレーム重量:980g

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥228,000
フレーム重量:980g

▼FENIX C(フェニックス C)

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:11速105完成車 ¥260,000
重量:8.6kg タイヤ:700×25c

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:11速105完成車 ¥260,000
重量:8.6kg タイヤ:700×25c

リドレーのエンデュランスロードFENIXに、SLグレード同じフレーム形状を採用しつつカーボングレードとレイアップを変更しコストパフォーマンスを高めた完成車モデル「FENIX C」が新登場。

通常のFENIX SLはフレーム素材に30tonと24tonHMカーボンを織り交ぜて使用しているが、今回登場した「FENIX C」は24tonHMカーボンをメイン素材とすることでよりコストパフォーマンスを追求した1台に仕上がる。カーボンのグレードは落としつつもレイアップを工夫することで、FENIX SLとほぼ同等の剛性値をマークしているのだという。

フレーム形状や細部のテクノロジーもFENIX SLから同様に受け継ぐことで、上位グレードそのままのルックスを獲得している。

▼レディースモデル

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥228,000
フレーム重量:950g

▼シクロクロス

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥237,000
フレーム重量:1,030g

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:11速スラム フォース 1完成車 ¥640,000〜
ブレーキ:スラム フォース(油圧)
※国内発売未定

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:11速アルテグラ Di2完成車 ¥620,000〜
重量:N/A タイヤ:700×33c
ブレーキ:シマノ R8070(油圧)
※国内発売未定

1 2 3 4 5 6