三文判は、工業製品として大量に生産されますので、市場には同型印が多く出回っています。
誰でも手に入れることができるものですから、誰が押したか判別することは大変難しいものとなるでしょう。
つまり、印鑑として重要な機能である、本人の意思の元で内容を確認し押したという機能が果たせなくなるのです。
実際の事件としても、偽造印鑑を使ったものは多く、通帳が盗まれたときに不正に引き出されたりする可能性が高まります。

出典実印と三文判は、メリハリをつけて上手に使い分けよう - ハンコヤドットコム

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ハンコってこんなに?『実印』、『銀行印』、『認印』、『三文判』、『シャチハタ』、『訂正印』の違いは?

ハンコの種類がたくさんあっていまいち用途がわからない時などあります。人生における場面によって使い分けが必要となります。

このまとめを見る