公文書は作成する際、数字や文字などの誤りがあった場合、その訂正を、誰によって訂正されたかを明らかにした上で行われることになっている。それらが不明な訂正は変造、改竄とみなされる。訂正者が誰かを明らかにするために訂正者が訂正部分に印章を押すようになった。そのために特化した一般の印章より小さい印章を訂正印という。訂正印は一般の印章でも効力があるが、スペースの節約のため小さな(径3ミリから5ミリ前後の)印章が使用される。

出典訂正印 - Wikipedia

前へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ハンコってこんなに?『実印』、『銀行印』、『認印』、『三文判』、『シャチハタ』、『訂正印』の違いは?

ハンコの種類がたくさんあっていまいち用途がわからない時などあります。人生における場面によって使い分けが必要となります。

このまとめを見る