1. まとめトップ
  2. カラダ

起床後の1時間の使い方でその日の調子が左右する!朝の有意義な時間の使い方

朝起きて何気なく過ごしている人は、その日1日をダメにしているかも

更新日: 2016年07月14日

1217 お気に入り 245661 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

navannabbさん

目覚めた時

おはようございます!!!!!!!!!!!!!いい目覚めですね!!!!!!!!

グズグズお嬢様やっと寝た今日も朝から大変でした。眠いなら寝てってやつ。 寝たらいろいろやろうと思ったけど無理だ、眠い。

朝からマザーゲームみて泣いた(笑) 子どもってほんとかわいいね なんか結構寝たのに眠いって どうゆうこと?逆に寝すぎ?

1日の目覚めの1時間でその日残りの23時間が左右されるといっても過言ではないくらい、起きてからの1時間は重要だそうです。

毎日決まった時間に起きる

毎日、同じ時間に起きることってなかなか難しいですよね。

朝6時起きと聞くと、とてもキツイように思えますが、毎日の習慣にしてしまえば、それほど辛くはありません。

起床時間を一定にする

「毎日同じ時間に起きる」を守れば、睡眠・覚醒のリズムが整えられ、朝、自然にすっきり目覚められるようになります

「いつも同じ時間に起きる」、これさえ守れば、規則正しい生活の8割が成功です。

ストレッチをして健康を維持する

朝、ストレッチだけでも取り入れることで、その日の調子が変わってくるそうです。

寝ている間は身体が硬くなりやすく、寝起きのストレッチを行うことで身体のスイッチをOFFからONに切り替えることが出来ます。

ポジティブな考え方をする

心が体に及ぼす影響は大きいっていいますからね

プラス思考

「物事を肯定的な方向に傾斜した考え方を行う傾向」とありますが、つまり、物事を悪くとらえず、良いほうに考えるようにするということ

朝起きて太陽の光を浴びる

自然の光を浴びることで、体内のリズムが整いセロトニンの分泌が増えると言われています。

瞑想してリラックスして、楽しい気分でいる

朝起きた瞬間に、携帯をチェックしたり、PCに向かったりしていませんか?

瞑想とは、呼吸を整え、自分と向き合いココロを整理すること

瞑想は、自分がなにかの思いにとらわれたときに、本来の自分に立ち戻るためのツール

瞑想の効果

・心身の健康が回復する
 ・熟睡できる
 ・悩みが減る
 ・仕事の効率が上がる
 ・脳の性能が良くなる

朝起きてすぐ、ちょっと頭がぼんやりしているときに行う瞑想は潜在意識にもアクセスしやすく、お勧めです。

▼習慣を確立するためには、訓練が必要

自分の習慣にしてルーティン化するのは、続けることが大事です

1 2