出典 hukukenさんがアップロード

2018 クオータ KRYON(クレヨン)

KRYONが2018年モデルでフルモデルチェンジ。曲線を多用してきたデザインから一気にイメージを転換し、直線的なフォルムへと生まれ変わった。

とはいえ、エアロを意識したチュービングは前作から堅持しており、シートチューブの翼断面形状などは、しっかりと受け継がれつつ最新のエアロトレンドを反映するようなデザインへと進化している。

前作ではボリュームたっぷりのエアロ形状とされていたベンドフォークを採用していたのに対し、今作では一転ストレートフォークを採用する。より機敏なハンドリングを手に入れることで、クリテリウムなどへの対応力も高まっているはずだ。

この情報が含まれているまとめはこちら

【2019年版】KUOTA(クオータ)の最新情報【ロードバイク】

昨年よりプロコンチネンタルチームのコフィディスへのサポートを開始し、数年ぶりに世界トップレースへとカムバックを果たしたクォータ。カーボンバイク専業で開発を続けるブランドであり、昨今はトレンドを反映したディスクブレーキモデルの拡充も他社に負けじと進めてきた。

このまとめを見る