ネイルオイルは必ず、手を洗って清潔にしたあとに使いましょう。
先にローションやコンディショナーなどで、手の皮膚を整えておきます。
ただし、ハンドクリームはネイルオイルのなじみを悪くするので、ここでは使わないようにしましょう。
ローションやコンディショナーは、肌を柔らかくして、ネイルオイルをなじみやすくするという、下地のような効果があります。
いきなりネイルオイルを塗らないように、注意してくださいね。
皮膚を整えたら、余分な甘皮の処理を済ませます。
このあと、甘皮のラインにそってオイルを適量置いていきましょう。
片手分置いたら、爪の横なども含め親指を使って、爪や爪の周囲にオイルをなじませていきます。
特に就寝前にオイルでのケアを済ませておけば、翌朝爪や指がしっとりしていろいろなネイルを楽しみやすくなります。
普段は1日1回程度で十分ですが、乾燥する秋から冬にかけては、1日数回念入りに塗っていきましょう。

前へ 次へ