1. まとめトップ

【理想と現実】ロフト付き物件はやめた方がいい理由

新入学、単身赴任など、一人暮らしが始まる時期になりました。ところで、最近ロフト付き物件が再流行の兆しを見せています。お部屋探し中に、「築浅のロフト付き物件!」なんて広告を見つけたら結構惹かれますよね?でも、ロフトの現実はそう快適なものではないかもしれません。ロフト アパート 一人暮らし 賃貸 危険

更新日: 2019年03月29日

33 お気に入り 251782 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

air77777さん

■一度は住んでみたいと考える、ロフト付き物件の正体

部屋の内部に中二階風に設けた空間。
2階建てではなく、「2階建て風」

■住んでみてわかった、住人達からのデメリットをご紹介。

1.夏、とてつもなく暑い

暖かい空気は上に向かって昇りますが、それが密閉された室内のほぼ天井に近い「ロフト」の空間に溜まってしまうため、暑い。

ねむれない!!!!イライラする!!!ロフトベッド暑い!!!!

快適な睡眠を取りたい方には不向きかも・・・

そろそろ暑いので寝床がロフトから一階になった pic.twitter.com/f0BYx4badY

季節によって寝床を移動されているようです。

今日はなんだかフロア内が蒸して暑い。 特にロフトの上が暑くて窓開けたり扇風機回したりしてる状態。 冷房かけるほどじゃないしな…難しい。

室内の温度調整と湿度調整が難しいのもロフトの特徴

ついでに、ロフト付物件の特徴として室内の天井が高く作られていますので、夏に関わらず冬場のエアコンが効きにくいことも。

@hourainewlatela @torasousaku がんがん付けてるけど、ロフト付き物件なせいで効きが最悪っていう

エアコンは常にハイパワーでしょうか。

部屋が寒い。エアコン入れてるが熱い風がロフトに移動してロフト以外の場所の室温が上がらない。部屋を引っ越そうかな。

結論が出ちゃったみたいですが…

2.ほこりが溜まりやすい

日常生活において人間が動き回ることで部屋の空気が掻き回され、ホコリが舞い上がります。もちろん舞い上がったホコリは上の棚に知らずに載ってしまう。

大掃除とかで、照明器具やタンスの上とかのホコリを見ると思いますが、アレが結局ロフトという棚に積もるのです。

掃除をしないと埃がたまってくしゃみがひどくなるので、ロフトは睡眠スペースには向いてないです

ほこりによるアレルギーや喘息をお持ちの方にとってロフト付きの物件は厳しい環境かもしれません。

ロフトベッド使ってんだけど 理想:秘密基地感あって素敵!自分だけの空間! 現実:降 り 注 ぐ 埃 と の 戦 い って感じ 今

理想と現実。

寝るとこがロフトだからホコリがたまるわたまるわ

嫌でも掃除好きになりますね。

久々にロフトの掃除したら酷いホコリの量だった

ホコリって掃除した時にえっこんなに?!ってなりますよね。

ロフト久々にあがったらホコリだらけでもう寝らんない! ゆうて掃除機とかめんどいし寝ますけどね。お布団もってくのもめんどい❤うふ pic.twitter.com/DymFybsSQ3

ついでに、ロフト自体が狭いのでパワフルな掃除機は入りにくい。

3.階段・はしご。これがまた危険

一般的に階段を下りるときの方が、つまづきやすいと言われています。

ロフト付の物件にはアパートが多く、その狭い空間においてはしごや階段を設置しているため足場が狭く、また急な角度になりやすいのです。

朝、ロフトの階段から飛び降りたとき床に脱ぎ散らかしてたズボンのベルトのバックルの棒が足の裏にぶっ刺さって血が出てるけど足裏床につけるわけにいかんし、痛いし、家中ケンケンで絆創膏探す1日の最悪の始まり方やった

痛い・・・

最悪寝ぼけてロフトベッドのはしご、ずれてんの気づかないではしごごと倒れた。膝頭負傷。ばかすぎる。

これまた痛い・・・

寝ぼけてたのかロフトの階段から降りてる最中落ちちゃった めっちゃ打撲。 ちょーぜつ痛いんだけど。笑

何もかもが痛い・・・

ロフトの階段滑ってお尻打った… 痛くて座れない

ロフトベッドの階段から落ちて、落ちた先にベッドがあるんだけどそこも足を踏み外して、勢いよく倒れた挙句に洋服の入ってた青いカゴを自分の体に倒して頭を打ちました。 おはようございます。

おはようございます!

ついでに、下の記事をごらんください。

家庭内事故で亡くなられた方が平成18年の統計で12,152名その内転落転倒死が2,260名です。

2,260名のうち同一平面の転倒が1,036名、建物からの転落が412名、階段やステップからの転落が435名で率にして事故死の3.6%が階段が原因で亡くなられています。

4.ロフト部分の天井が低い

この絵を見ると、ロフト部分の高さは1.4m。ということはロフトでの作業はもちろん中腰。腰への負担と油断した時の頭ゴンはつらいものがあります。

1 2