1. まとめトップ

急な腰痛でも病院に行けない人へ。薬局で買える「腰痛」に効くクスリがあるよ

国民の悩みごと、それは「腰痛」。病院に行きたいけど、仕事や家事もあって、なかなか行けないことも多いですよね。一時対処の頼みの綱は、身近な薬局(ドラッグストア)。悩める人が多いからこそ、腰痛に効く市販薬もたくさんあるのでまとめちゃいます。(良い薬がでたら適宜更新します)

更新日: 2018年09月11日

39 お気に入り 295172 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

orihoanさん

今日も腰痛仲間たちがゾンビのように大量発生中(ご愁傷様です仲間たちよ)

腰痛すぎで歩くの辛いまで行ったから今日休みもらった

腰痛辛くて集中力一々止まる 修羅場中に腰痛消し飛ぶ痛み止め飲みテェ!!!!整体毎日行っても毎日仕事するからイタチごっこなんだわ!!!! おじさんなんだわ!!!!

急な訪問おかまいなし。
奴は迷惑で、でも一生付き合っていかなきゃいけない悪友です。

▼病院に行けない時でも、最近は薬局の市販薬でも結構いいものが出てきています。

自己判断を尊重せず、強い痛みは早めに病院にいってくださいね

▼腰痛といえば、まずは「湿布薬」ですね。

インドメタシン配合。非ステロイド性の鎮痛消炎成分で、筋肉や関節の痛みをとります。

http://hc.kowa.co.jp/vantelin/#ps

バンテリンの有効成分であるインドメタシンは、炎症を抑え鎮痛作用のある成分です。
筋肉の疲労をはじめ、筋肉や関節に刺激(異常)が起こると体内で痛みや炎症の元となる物質(プロスタグランジン)がつくられます。
インドメタシンは、炎症を引き起こすプロスタグランジン(PG)の発生を阻害することにより、炎症を鎮め、痛みやはれに優れた効果を発揮します。

「ジクロフェナクナトリウム」が患部までしっかり浸透。
医療用でも使われている「ボルタレンテープ」と同一。最近商品化されました。

http://www.voltaren-ex.jp/p_product/tape.html?link_id=tape_u

「ジクロフェナクナトリウム」は、痛みの原因となる物質「プロスタグランジン」の生成を阻害し、痛みと炎症のもとに働きます。テープタイプは貼ってすぐに「ジクロフェナクナトリウム」が浸透し、一定に保たれて持続します。1日1回で効くので貼り替える必要がありません。

使用対象年齢は15才以上です。15才未満の小児へは、使用経験が少なく、OTC医薬品としての安全性が確認されていないため、使用しないでください。

腰痛の改善を目的に開発された、無臭・温感タイプの腰痛用シップです。

http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/products/details/patecs_youtsu/index.html

新素材のソフトロンが腰をしっかり支えます。有効成分は生薬です。サンシンエキスが腰の炎症を抑え、トウガラシエキスが血行を改善し、あたためることによって腰の痛みをやわらげる効果があります。生薬の薬剤をストライプ状に塗布することによって温和な効果が持続するよう工夫されており、不織布が汗を吸収することで、保温を助け持続させます。粘着力が強いため、寝ているときもはがれません。1日1回、商品の中央を背筋にあわせて患部に貼付して使用します。

フェルビナクとは。
皮膚から痛む患部に深く浸透し、酵素の1つシクロオキシゲナーゼに直接働きかけることで、神経を刺激するプロスタグランジン(発痛増強物質)の発生そのものを阻害。痛みと炎症を鋭く抑え、肩・腰・関節痛などにすぐれた効果を発揮します。

飲むタイプ、貼るタイプ、塗るタイプがあります。飲み薬は、解熱にも効果があります。貼り薬は、温感効果や血液の循環を促進する作用もあります。塗り薬は、皮膚に浸透しやすいのが特長です。

鎮痛剤は肩こりや頭痛などにも効果があります。筋肉をやわらげる作用や、温める作用など製品ごとに異なった有効成分が配合されているので、特長に応じて使い分けてみてください。

有効成分のフェルビナクとは、抗炎症、鎮痛作用を持った非ステロイド系の薬

http://www.nichiban.co.jp/health/roihi_felbinac/

皮膚から痛みのある患部に浸透し、酵素のひとつであるシクロオキシゲナーゼに直接働きかけることによって、炎症を引き起こプロスタグランジンという物質の生合成を抑制する作用があり、腰、関節、肩などの炎症と痛みを抑える効果があります。湿布の色はベージュ色なので目立ちません。しかも無臭タイプなので、患部に貼って外出しても、仕事中や食事中にニオイが気になることもありません。ウィングセパレーターを使用しているのでひとりでも腰などの患部に簡単に貼ることができます。伸縮性に優れているので関節部に貼っても違和感がなく、パップ剤と比較して粘着性に優れているため、しっかりと密着します。はがすときも肌の角質をはがしにくく、肌に優しい商品です。

▼腰痛に効く「飲み薬」もあるんです。

錠剤タイプの薬で即効性があるので、忙しい時や外出時の急な腰痛にピッタリ

http://www.nippon-zoki.co.jp/products/ippan/lackle-sp/

アセトアミノフェン(解熱鎮痛成分)が含まれているので、腰痛のほか神経痛、頭痛、生理痛などの痛みにも効果があります。ラックルの特徴は口に入れるとすぐ溶ける速溶錠なので、効果が速く現れることです。また、消化器を痛めるなどの副作用が比較的少なく安心です。眠くなる成分を含んでいないので、運転中や仕事中にも服用できます。湿布が自分で貼れない時や、胃が荒れやすく他の飲み薬が心配な場合にもお勧めです。

1 2 3