1. まとめトップ

維新の党・大阪維新の不祥事があまりにも多すぎた

維新の党、大阪維新の会の政治家の不祥事があまりにも多すぎると話題になっている。

更新日: 2018年06月23日

8 お気に入り 51739 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

井上哲也

■不祥事を起こした維新の政治家シリーズ 【吹田市長 井上哲也】 12年10月、後援会関係者に市の事業を発注。後に、大阪維新の会の顧問を解任。 #5月17日の住民投票では反対と書いて投票を pic.twitter.com/tV9bwgWIBO

2012年、吹田市が市庁舎の屋上に太陽光パネルを設置する事業を、井上の後援会役員が社長を務める企業に約2,250万円で発注、随意契約を結んでいた事実が発覚した[4]。井上は、随意契約を行った企業が自身の後援企業だったことについて「まったく気付かなかった。職員への指示も一切ない」と釈明し陳謝したが、橋下徹大阪維新の会代表により、同党顧問を解任された

これが維新にとっては最初の大きな不祥事だった。

山本景

■不祥事を起こした維新の政治家シリーズ 【大阪府議 山本景】 14年8月、LINEで地元の女子中学生を恫喝していたことが発覚。 #5月17日の住民投票では反対と書いて投票を pic.twitter.com/lUNjLypTqx

テレビでもさんざん話題になった。

橋本和昌

■不祥事を起こした維新の政治家シリーズ 【大阪府議 橋本和昌】 12~13年度、架空のタクシー代約24万円を政務研究費として計上(後に全額返還)。 #5月17日の住民投票では反対と書いて投票を pic.twitter.com/6QSDl2IyXP

『維新の橋本和昌府議(四条畷市)がタクシー代約24万円を返還。政活費として計上した会合のうち、少なくとも17件が架空だった。最多の17回勉強会を開いたとされる業界団体は、「勉強会を開いた事実はない」と明言。』(毎日新聞)

鈴木憲

■不祥事を起こした維新の政治家シリーズ 【大阪府議 鈴木憲】 本来認められていない用途で街宣車を使用し、政務調査費約177万円を流用(後に全額返還)。 #5月17日の住民投票では反対と書いて投票を pic.twitter.com/ja7C0Uu6NI

返還したのは、24年8月~25年3月に使用した街宣車のガソリン代や運転手の給与など計約67万円。街頭で支持者らに対する府政報告として街宣車を使えば、政務調査費10+ 件として認められるが、府議会事務局によると、街頭で府政報告のほか、後援会の加入呼びかけにも使用していたことが判明したため、関連経費の半額を返還したという。

荻田ゆかり

■不祥事を起こした維新の政治家シリーズ 【大阪府議 荻田ゆかり】 事務所スタッフに子供の送迎を依頼。その費用を政務活動費から流用。総額約372万円(本人は否定、後に全額返還)。 #5月17日の住民投票では反対と書いて投票を pic.twitter.com/iyCSLBg6Mj

橋下徹大阪市長率いる大阪維新の会の荻田ゆかり大阪府議は24日、記者会見し、自身の子どもを事務所スタッフが送迎するなど政治活動と無関係の行為があったなどとして、2011年度の政務調査費約413万円のうち約372万円を府に返還したと発表した。

奥野康俊

■不祥事を起こした維新の政治家シリーズ 【大阪府議 奥野康俊】 市議時代のHPは削除しているにもかかわらず、管理費の名目で262万円を政務活動費から実兄に支払っていた(後に全額返還)。 #5月17日の住民投票では反対と書いて投票を pic.twitter.com/hlpdQi27IY

木下誠

■不祥事を起こした維新の政治家シリーズ 【大阪市議 木下誠】 政務調査費のうち約200万円分、支出目的を裏付ける領収書がない等の不備(後に全額返還)。 #5月17日の住民投票では反対と書いて投票を pic.twitter.com/emG3EPFdig

大阪維新の会の木下誠・大阪市議(46)=生野区=が平成24年度の政務調査費のうち約200万円について、領収書の提出がないなど支出に不備があるとして、維新市議団から返還を求められていることが30日、複数の維新関係者への取材で分かった

西井勝

■不祥事を起こした維新の政治家シリーズ 【元・堺市議 西井勝】 12年1月1日、飲酒運転中、バイクと接触事故を起こしながらそのまま逃げた容疑で逮捕。 #5月17日の住民投票では反対と書いて投票を pic.twitter.com/kVSD2DEFhD

ひき逃げの罪で有罪判決が確定していた元大阪維新の会の西井勝堺市議が7日、市議会に辞職届を提出し、全会一致で認められた。西井市議はこれまで2度の辞職勧告を受けながら、議員を続けていた。

昨年12月の衆院選で、投票を呼び掛ける電話をした運動員に報酬を支払ったとして、青森県警は6日、公選法違反(買収)の疑いで、青森1区から出馬し比例東北で復活当選した升田世喜男氏(維新)派の運動員の農業吉田俊逸(64)=五所川原市金木町=、無職渡辺美津江(50)=青森市三内=の両容疑者を逮捕した。

1 2