1. まとめトップ
  2. カラダ

【ダイエット】朗報!一日一個の卵が太らない体をつくる。

たまごはビタミンCと食物繊維以外の栄養素を全て含んでいるという、最優良栄養食品。最新の研究により、卵を摂ることで空腹を感じにくくなることが分かった。卵は腹持ちが良いだけでなく、食欲を抑える働きを持つことが判明したのだ。

更新日: 2015年05月10日

sting222さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1136 お気に入り 237323 view
お気に入り追加

古くからあるダイエット方法

ゆで卵ダイエットは、現在広まっているダイエット方法の中では、かなり古くからあるダイエット方法のひとつです。

興味深い研究結果が発表

健康な成人に、1日5~10個のタマゴを5日間連続して食べさせるという実験です。

その結果、1日に10個ずつ食べた人でも血中コレステロールの値はほとんど変化しないことがわかりました。

スポーツ選手などもウエイトコントロールに取り入れているゆで卵は他の食材と上手組み合わせて使うと、大変効果的なダイエットをする事もできます。

最優良栄養食品

たまごはビタミンCと食物繊維以外の栄養素を全て含んでいるという、最優良栄養食品。しかもたんぱく質の栄養価をあらわす指標 においては、食品の中でダントツトップの数値!

たんぱく質不足が危惧されるダイエット中にも、 良質のたんぱく質源となりますし、GI値が低いというのも大きな特徴。

1日卵3個が効果的!?

コレステロール含有量が高い、として脂質異常症患者は「避けるよう」指導されてきた卵。1日1個までと制限されている方も多かろう。

メタボリック症候群患者の減量食に全卵を加えると、脂質バランスが改善され、糖尿病の原因となるインスリン抵抗性が改善されたというのである。

やみくもに卵を食べればいいワケではない。今回の結果も炭水化物制限とセットという点をお忘れなく。要はバランスなのだ。

食欲を抑える働き

最新の研究により、卵を摂ることで空腹を感じにくくなることが分かった。卵は腹持ちが良いだけでなく、食欲を抑える働きを持つことが判明したのだ。

米国ルイジアナ州立大学の行った研究では、健康な成人20名に「卵2個を含んだ朝食」と、「卵なしの朝食」をそれぞれ1週間続けて食べてもらった。

朝食に卵を摂取した日の方が空腹を感じにくく、昼食の量も少なく済む傾向が見られた。

昼食後の血液検査でも、食欲増進の働きを持つホルモンであるグレリンが少なく、満腹時に分泌されるPYYというホルモンの値も高かった。

卵黄に多く含まれているオレイン酸やレシチンが「善玉コレステロール」の量を増加させるため、身体に負担をかけずに良質のコレステロールを摂取することができます。

卵は完全栄養食品と言われていても、「ビタミンC」と「食物繊維」を含有していません。これらを補う食品と一緒に摂ると効果的です。

1





sting222さん

みなさんの役に立つ楽しいまとめを作っていきたいと思っています。
★を押してお気に入りにご登録ください。

いろいろな情報がありますので、判断はご自由にどうぞ




  • 話題の動画をまとめよう