1. まとめトップ

【副業・夜のアルバイト】デリヘルのドライバーという仕事について

副業、夜のアルバイトであるデリヘルのドライバーという仕事についてまとめました♪

更新日: 2015年11月26日

8階の林さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 36286 view
お気に入り追加

デリヘルのドライバーとは?

デリヘル店など店舗を持たない風俗店には、無くてはならない職種。それが送迎ドライバーである。ドライバーはお客様からの連絡があれば、すぐにホテルや自宅に女性を送り届け、サービスが終わると女性を所定の場所まで送るというまるで「ナイト(騎士)」のような仕事である。

デリバリーヘルス、略してデリヘル。出張ヘルス。自宅やホテルに出張して性感サービスをする女性たちを送り迎えする仕事がデリヘルドライバーです。

配車係りと呼ばれる車を手配するスタッフからから「誰々ちゃんのお迎えに行ってください」とか「誰々ちゃんで出発します」などの指示を受けます。

会社によっては事務所内の清掃や電話受付業務の兼任が伴う場合もある。

遠方だと「付け待ち」があり、ホテルや自宅前でサービスが終わるまで待機することもある。

基本的には自家用車の持ち込みが必須だが、中には社用車を貸し出している会社もある。

デリヘルドライバーは稼げるのか?

月収50万円以上稼ぐドライバーもいる。

給与体系は時給と歩合がある。歩合の場合は1本走ったごとに幾らといった感じで支給される。時給の中にガソリン代が含まれている場合もあれば、ガソリン代が別途支給される会社もある。朝から夜、明け方まで営業している店舗で1日フルに働けば20000円以上稼ぐことも可能。時給で言えばおよそ900円から1500円の間が相場となっているが、高時給の会社はガソリン代が時給に含まれていることが多い。

昼職を持っている人が夜に掛け持ちするケースが大半を占め、週に2、3日出て、およそ月10万〜15万円の副業になっている人が多い。

上で書いた50万円稼ぐ人は、ほぼ毎日、1日15時間以上働いた場合です。1日15時間というとかなりキツイようにも思えますが、ずっと走り回っているわけでなく待機の時間もあるので、そこまで重労働ではない。

激務店では1日で200km以上走るなんてことも・・

ガソリンの支給条件は最初に確認しておいたほうが良いでしょう。

軽自動車から高級車まで幅広い

ドライバーの持ち込む車は軽自動車から高級車まで幅広い。軽自動車は燃費は良いが車内が狭く、会社側や嬢からは敬遠されやすい。セダンやワゴンは室内広々だが燃費が悪い。最近はプリウスで仕事をするドライバーも多い。

嬢との恋愛はご法度

嬢は大事な商品。恋愛は当然ご法度です。採用時にはまず間違いなく「嬢には手を出さない」旨の誓約書を書きます。約束を破ると・・クビだけで済めば良い方かもしれません。

1





8階の林さん

なんでもかんでもまとめてます。