1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

HWNさん

図でいう、KやPの底上げをすることで
水の量が増える
要は、作物で言うと収穫量が増えるっていうこと

▼有機化学者リービッヒの提唱

植物の生育は最も不足する栄養分に左右されるため,
最も不足する栄養分を施さない限り他の養分を施しても植物の収量はよくならない

桶に入る水に例えると、

桶の中の水の量をその作物の収量とすると,
その水の量は一番低い桶の板によって決まる

植物の成長を水を満たした木桶に例えます。一枚の板を一つの栄養素と考えて、どれか一つの栄養素でも足りないと、植物は一番足りない栄養素の分までしか生育しないとされています。

他に高い板があっても、水は一番低い板のところまでしか貯まらないという桶を想定して、栄養摂取に関する説をモデル化したもの

▼人材評価にも応用できる?

人材を一番高い「スパイク」で評価するのか、桶の「一番低い板」で評価するのか

「ドベネックの桶」型で評価されるというのは、とてもシンドイ。しかし、これって現にあるよなあ、と感じる

▼自力二重まぶたでのドベネックの桶

▼組織の能力にも?

一番意識の低い社員レベルまでしか上がらない、 いくら他の意識の高い社員が頑張っても、一番低い社員がネックとなって それ以上、会社全体が良くならない・・・・・

▼セキュリティにも

組織の情報セキュリティを確保することを考える際には,バランスも大事です。すでに確保できているところにいくら対策を講じても全体のセキュリティ・レベルは向上しません。組織の情報セキュリティに関する要素を統括的な視点で分析し,脆弱な部分を適切に見つけて対策を講じなければならないわけです。

▼必ずしも成立するわけではない?

現在では,それぞれの要因は互いに補うこと があり,最小律が成立する範囲はきわめて限られている,とされている。

1