1. まとめトップ

【広島旅行】観光名所から穴場まで完全ガイド

定番スポットから穴場まで細かく紹介します!実際に旅行に行って良いと思ったところしか載せていませんので、ご了承ください!【呉 鞆の浦 福山 三原 東洋 マツダ zoom 黒田 菊池 新井 大阪 東京 厳島神社 宮島 カキ 原爆ドーム 広島焼き お好み焼き 尾道 ラーメン お土産 ユニフォーム 帽子】

更新日: 2020年02月11日

19 お気に入り 17151 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

unchouchouさん

MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島

http://www.mazdastadium.jp/
広島東洋カープの本拠地球場となっています。
プロ野球の本拠地球場としては最も新しいスタジアムとなっています。日本の球場にしては珍しい、スタンドが左右が非対称のつくりとなっており、ファウルグラウンドを縮小するなど、選手をより近くで観戦することが可能です。
また、天然芝のスタジアムであるため、天気が良ければナイター観戦時は照明の効果によりグラウンドが舞台のように浮かび上がってくる感じをお楽しみいただけます。

お好み村

http://www.okonomimura.jp/
現在のビルは1992年に完成。公園にひしめいていた屋台時代からは40年の歴史をもつ、広島の観光名所。現在26店。そば肉玉は700円。サンフーズと共同開発したオリジナルソースを使う。麺のタイプや焼く順番なども違うので、よーく観察してみるのもいいかも。鉄板焼メニューにも各店それぞれの個性があらわれているぞ。

広島本通商店街

http://www.hondori.or.jp/
広島本通商店街は国際平和文化都市ひろしま及び中・四国地域を代表する広域型商店街で、一般に「本通り」という呼称で広く親しまれています。 東西に約577メートル。東側は広島金座街商店街と隣接し、週末には約10万人もの人出で賑わいます。
江戸時代、現在の本通は、広島城下を横断する西国街道(山陽道)の一部でした。「本通」の路面には、「西国街道」「革屋町」「平田屋町」など、全部で9個の石板が埋め込まれており、ここが街道だったことをうかがうことができます。

路面電車

http://www.uraken.net/rail/travel-urabe10.html
広島電鉄は、広島県広島市を中心に、路面電車、バス、不動産を中心とした事業を経営する会社。1910(明治43)年に広島電気軌道として開業し路面電車網を広島市内で広げ、1931(昭和6)年には鉄道線として広電西広島~広電宮島(現広電宮島口)を開業。そして原爆による被害や、路面電車排斥の流れを乗り越え、日本最大の路面電車を擁しています。その車両はLRVから各地からの中古車まで、まさに路面電車の博物館。

嚴島神社

http://www.miyajima-wch.jp/jp/itsukushima/
海を敷地とした大胆・ユニークな構成と寝殿造りの粋を極めた荘厳華麗な建築美は、日本有数の名社にふさわしい貫禄です。12世紀、平清盛によって現在の姿に造営されました。背後に広がる緑とのコントラストもまた格別な美しさです。平成8(1996)年には世界遺産に登録されました。

やまだ屋(宮島本店)

https://momiji-yamadaya.co.jp/
普通のもみじ饅頭はイヤだ,という人には大もみじがおすすめ。普通サイズの5倍はあって,中に栗が入っているのがミソ。

縮景園

http://shukkeien.jp/
もと浅野家の別邸の庭で、泉邸、お泉水と称せられてきた。元和6年(1620年)、広島藩主浅野長晟が紀州から広島に移封された翌年、茶人として知られる家老の上田宗箇に作庭させたもの。山川の景,京洛の態,深山の致を園の中に縮景したところからこの名がつけられた。

原爆ドーム

http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/dome/index.html
平成8年(1996年)12月、ユネスコ第20回世界遺産委員会メリダ会議で、核兵器の惨禍を伝える建築物として世界文化遺産に登録されました。指定範囲:原爆ドームの所在する地域/約0.39ヘクタール原爆ドームは、大正4年(1915年)に広島県内の物産品の展示・販売をする施設として建てられ、広島県美術展覧会や博覧会も催されていました。設立当初は 「広島県物産陳列館」という名称でしたが、その後「広島県立商品陳列所」、昭和8年(1933年)には「広島県産業奨励館」に改称されています。

広島平和記念資料館

http://www.pcf.city.hiroshima.jp/
広島平和記念資料館は、原子爆弾による被害の実相を世界中の人々に伝え、ヒロシマの心である核兵器廃絶と世界恒久平和の実現に寄与することを目的に、1955年(昭和30年)に開館しました。1945年(昭和20年)8月6日午前8時15分、広島は世界で初めて原子爆弾による被害を受けました。まちはほとんどが破壊され、多くの人々の生命が奪われました。かろうじて生き残った人も、心と体に大きな痛手を受け、多くの被爆者が今なお苦しんでいます。

海上自衛隊第1術科学校(旧海軍兵学校)

http://www.kankou.pref.hiroshima.jp/sys/data?page-id=3973
旧海軍兵学校は、明治21年に東京、築地から移転して以来、海軍将校養成の基地として、若い人の憧れを集めてきました。現在では、海上自衛隊の幹部候補生学校や第1術科学校などになっています。構内にある教育参考館には、旧海軍関係の資料など14000点が展示されています。特に、神風特攻隊員たちの遺書や遺品が見る人の胸を強く打ちます。

相生橋

http://www.kankou.pref.hiroshima.jp/sys/data?page-id=3845
広島平和記念公園にかかる全国的にも珍しいT字型の橋。原爆の影響で傷跡の残る旧相生橋を新しく架け変え現在の相生橋となりました。夜には照明によって橋をライトアップし、その上を路面電車や車が通るとまるで宙を走っている様で、昼間とは違う姿が見られます。

広島城

http://www.rijo-castle.jp/rijo/main.html
広島城は、豊臣秀吉の五大老の一人として知られる毛利輝元が築いた典型的な平城です。江戸時代には、福島氏、次いで浅野氏が居城していました。築城以来の天守閣は昭和6(1931)年に国宝に指定されましたが原爆によって倒壊し、昭和33(1958)年に外観復元されました。平成元(1989)年には築城400年を機に内部改装を行ない、現在は武家文化をテーマとした歴史資料館となっています。

因島水軍城

http://www.kankou.pref.hiroshima.jp/sys/data?page-id=5358
昭和58年、水軍のふるさと因島に築城された、全国でもめずらしい城型資料館です。村上水軍は南北朝から室町戦国時代にかけて、この辺りの海路を制覇し、水軍王国として活躍しました。八幡大菩薩の旗を掲げ、朝鮮半島から中国、東南アジアまでその名をとどろかせました。本丸には武具、遺品、古文書などの歴史資料が展示され、展望台を兼ねる隅やぐらは船の資料館となっています。

竹原町並み保存地区(重要伝統的建造物群保存地区)

http://www.takeharakankou.jp/guide/see/post_1.php
平安時代、京都・下鴨神社の荘園として栄えた歴史から、「安芸の小京都」と呼ばれる竹原。そのシンボルといえるのが、落ち着いた風情を漂わす国の重要伝統的建造物群保存地区にも選定された町並み保存地区です。製塩地として飛躍的に発展した江戸時代、豊かな経済力を背景に頼春水・春風・杏坪の兄弟、また、頼山陽ら、多くの優秀な学者を輩出しました。塩田と町人文化の隆盛が生んだ重厚な家々は、今日まで往時の姿を伝えています。

神楽門前湯治村

http://www.kaguramonzentoujimura.com/main.html
幼ない頃の日本に舞い戻ったような懐かしの世界で、天然ラドン温泉をはじめ、山の幸、里の幸をふんだんに使った田舎料理の店や、格子づくりの宿屋が軒を連ねる昔ながらの湯治村です。

1 2