1. まとめトップ

美肌に効くサプリメントまとめ☆選び方のコツも

今は、飲む化粧品なんかもありますよ♪

更新日: 2015年05月12日

22 お気に入り 164277 view
お気に入り追加

◆サプリメントを服用していますか◇

近年、サプリメントを服用するかたが急激に増えているようですが、あなたはいかがでしょうか。
健康のためのサプリメントや、美容のためのサプリメントなど、現在では非常に細かい症状に合わせて、数えきれないくらいのサプリメントが販売されています。
そして、一人の消費者が服用するサプリメントも一種類にとどまらず、何種類ものサプリメントを日々、服用しているかたも少なくありません。
このような傾向は、主に先進国の多くで見られるもので、我々の住む日本でも決して例外ではありません。
そして、サプリメントを服用する年齢も年々幅広くなり、現在では、小学生から高齢者までが服用しています。
男性は健康に関するサプリメントを服用する場合が多く、女性は健康と美容に関するサプリメント両方を服用しています。
継続する、しないに関わらず、ほとんどのかたが、少なくとも一度はサプリメントを口にしたことがあるそうです。
あなたも、そうではないですか。
あなたが服用しようと思ったサプリメントは、健康に関するものでしたか、それとも美容に関するものでしたか。
女性の場合、若い世代のほうが健康よりも美容のサプリメントを多く服用していますが、とくに中高年になってまいりますと、美肌に効くサプリメントを頻繁に購入する傾向にあります。
若い世代のお肌の悩みは、ニキビなどが多いですが、ニキビは成人すればだんだん綺麗になってゆくものですので、やはりシワやタルミ、毛穴の開きなど、老化に伴うお肌の悩みを持つ30代以降のかたの服用率は高いですね。
スキンケアだけではどうにもならないお肌の悩みを、内側から解決してゆきたいという思いは皆同じです。
あなたは、どのような美肌に効くサプリメントを服用していますか。
または、これから服用したいと思っていますか。
効果的なサプリメントをご紹介してゆきますので、どうぞ参考になさってください。

◆美肌とは◇

美肌に効くサプリメントが欲しいとのこと、あなたにとっての美肌とは、どのようなお肌のことをいいますか。
性別や年齢によって、美肌の基準は異なっています。
たとえば男性でしたら、ニキビやニキビ痕を目立たなくしたい程度のものでしょうが、それが女性になりますとニキビやニキビ痕を無くしたいのはもちろんのこと、それに加えて、毛穴を目立たなくしたい、乾燥気味のお肌を潤したい、それとは逆に皮脂が多すぎてテカってしまうのをどうにかしたい、赤ら顔をどうにかしたい、ザラザラな手触りのお肌を改善したい、少し年齢があがりますと、吹き出物を無くしたい、小じわが気になってきた、くっきりしたシワをどうにかしたい、くすんだ感じで顔色が悪く見えるのをどうしたらよいのか、全体的にタルミが生じてきたのを改善したい、等々、本当にお肌の悩みは尽きません。
つまり、これらの全てが解決されたお肌が美肌であるということになりますね。
それに加えて、ハリや弾力があり、スベスベのツヤツヤ感もあったら、なお良いですね。
そうです、生まれたての赤ちゃんのようなお肌が理想的な美肌なのです。
大人になっても、そのような理想的なお肌のかたは、少数ではありますが確かにいらっしゃいます。
あなたの周りではいかがですか。
そのかたのような美肌に近づけてくれるのが数々のサプリメントです。
そして、現在どんなに美肌自慢のかたであっても、やがて訪れる老化にはかないません。
いつか必ず、シワが刻まれてタルミも生じ、脂性肌であったかたでさえも、乾燥に悩むようになってきます。
それらを少しでも遅くしたいと思うのが女心というものでしょう。
その願いを叶えてくれるのもまた、数々のサプリメントなのです。
美肌に効くサプリメントには、どのようなものがあるでしょうか。
さっそく見てゆきましょう。

◆美肌に効くサプリメント(コラーゲン)◇

何十種類もある美肌に効くサプリメントですが、中でもダントツに人気があるのは、やはり「コラーゲン」ですね。
化粧品でもコラーゲンが配合されているものは、非常に売れ行きが良いですし、食事に関しましても「コラーゲン鍋」など女性には大人気です。
そうであれば、サプリメントのコラーゲンが売れないわけがありません。
食事で毎食コラーゲンを摂るのはとても大変なことですから、それをサプリメントで補うわけです。
外側からは化粧品でコラーゲンを補い、内側からはサプリメントで補うというのが、30代以降の女性にとってはもはや常識というくらい日々の日課になっているのではないでしょうか。
錠剤のサプリメントでなければ、コラーゲン入りの美容ドリンクかコラーゲン入りのゼリーでしょうか。
それらも現在、とても売れている商品です。
美肌と言えばコラーゲン、といっても良いほど女性たちの間には深く浸透しています。
ただし、10代や20代前半の若いかたがたは、まだ体内にしっかりとしたコラーゲンが豊富にありますので、補わなくても大丈夫です。
もちろん、予防のために補うことは悪いことではありませんが、若い年代のかたは、その他のお肌の悩みに見合ったサプリメントを摂った方がより効率が良いと思われます。
コラーゲンを意識し始めるのは、20代後半くらいからでも良いでしょう。
また、コラーゲンには、大きく分けて動物性のもの、海洋性のものがあります。
どちらが良いということはありませんが、口に入れてから飲み込むまでの短い間に香る匂いや、しばらく飲み続けてみたあとの効果などによって、ご自身で比較してみるのが良いのではないでしょうか。
美肌に効くと言われる中でも一番人気のコラーゲン、あなたはもう服用していますか。

◆美肌に効くサプリメント(プラセンタ)◇

美容に関心が高いかたにとって、コラーゲンと同様に人気の高いのが「プラセンタ」です。
最近では、それほど美容に関心がないかたであっても、プラセンタという名前や美肌に効く成分であるということは知っているくらい、有名になってきましたね。
まだご存じないかたもいらっしゃるでしょうか。
プラセンタと申しますのは、哺乳類の胎盤のことです。
このように申しますと、引き気味になるかたもいらっしゃることでしょうが、胎盤をそのまま細かくしてサプリメントに配合するわけではありません。
胎盤から取り出した胎盤エキスを配合するということになります。
この成分は、アンチエイジングや美肌に効くだけではなく、さまざまな病気の治療にも役立っているのです。
胎児を10カ月前後で生まれるまでの姿に成長させる胎盤ですから、栄養が豊富なのも当然です。
人間以外の哺乳類は、出産後に胎盤を食べる場合が多いので、それほど身体に優れたものであるのことも確かでしょう。
また、言い伝えではありますが、かのクレオパトラや楊貴妃、マリーアントワネットまでもが、美容のために胎盤を愛用していたと言われています。
それほど歴史が古く、また古代から効果・効能が知れ渡っていたということになりますね。
昔はどのように摂取していたのかよくわかりませんが、現在ではサプリメントとして、非常に飲みやすい形状になっていますので、どなたでも服用することが出来るようになりました。
美肌に効くだけではなく、身体のあちらこちらの修復にも役立ってくれる成分ですから、大変お得だと思います。
たまに、植物性プラセンタというものを見かけますが、植物には胎盤がありませんので、似たような働きがある胚部分が原料となっています。

◆美肌に効くサプリメント(ヒアルロン酸)◇

「ヒアルロン酸」のサプリメントもまた、近年、人気急上昇ですね。
美容に関心のあるかたでしたら、ほぼ全員がご存じかと思いますが、念のため説明しておきましょう。
ヒアルロン酸は、どなたの体内にももともとある成分で、一言で申せば、体内の結合組織を構成する成分のことです。
常に水分が豊富にないといけない眼球にも非常に多く含まれていますし、関節部分がスムーズに曲がりやすいようにその部分にも多量に含まれています。
もちろんお肌にも含まれていて、ヒアルロン酸が充分に含まれていればいるほど、お肌はしなやかになり、みずみずしく潤うことになります。
ヒアルロン酸が持っている水分保持力は驚くべきもので、たったの1gでも約6000mlもの水分を保持すると言われています。
ヒアルロン酸が美肌に効くというのも頷けることですね。
人間のお肌から水分が失われると、乾燥してさまざまなトラブルが起こってきます。
一時的に乾燥したとしても、化粧品で外側からなんとか潤いを与えられる若い時期にはまだ良いのですが、年齢とともに体内のヒアルロン酸がどんどん減少してゆきますので、乾燥は続き、当然ながらハリが失われてしまってシワシワになってゆきます。
そして、薄かったシワがくっきりとしたシワとなり目立ってきたり、顔の皮膚全体がたるんで下がってくるという現象も起きてきます。
水分がないわけですから、みずみずしさもツヤツヤ感もなくなりますし、老化してきたというのが自他ともによくわかる皮膚になってゆきます。
恐ろしいですね。
それをくい止めるためには、ヒアルロン酸そのものを身体の内部から補うしかありません。
だからこそ、サプリメントです。
美肌に効く成分でありながらも、関節にもかなりの良い効果を発揮いたしますので、関節痛などに悩まされているかたにとりましては、美肌が実現しながら関節痛が和らぐという大変嬉しい成分でもあります。

◆美肌に効くサプリメント(エラスチン)◇

「エラスチン」、この成分もまた、美容に関心の高いかたでしたらご存じでしょう。
アンチエイジングの化粧品などにもよく配合されていますし、もちろんサプリメントにもなっています。
ですが、美容には関心があってエラスチンが美肌に効くということがわかっているかたであっても、エラスチンが具体的にどのようなものであるのか、理解に至っているかたはそれほど多くないような気がします。
と申しますのも、未だに美肌というとコラーゲンばかりが持てはやされていて、エラスチンのほうにスポットライトが当てられることは極めて少ないからです。
実際、エラスチン単独のサプリメントもコラーゲンに比べますと少ないです。
コラーゲンがその力を発揮するためには、エラスチンが無くてはならないものであるにもかかわらず、です。
それを申しますと、他にももっと数多くの美肌に効く成分が相互に作用し合って美肌が作られることになるわけですが、それらは食事から充分に摂ることができるものである場合も多いです。
しかし、食事から摂りにくいために、どうしてもサプリメント等で補ってあげないといけないもの、という成分もありまして、エラスチンもそちらの部類に入るでしょう。
若々しいお肌の弾力やハリにはコラーゲンももちろん必要なのですが、コラーゲン単独ではあの弾力まではなかなか出ません。
エラスチンがコラーゲンをしっかりと束ねる役目をしてこそ、はね返るような弾力が生まれます。
ですから、コラーゲンとエラスチンはペアで服用したほうがより良いと思います。
さらに申せば、そこに「プロテオグリカン」という成分も必要ですが、その成分に関しましては後ほど説明いたします。
また、エラスチンは美肌に効くというだけでなく、体内の量が少なくなりますと、血管の老化が早まり、動脈硬化や心筋梗塞などのリスクも高くなると言われています。
美肌にも健康にも効果的なエラスチン、あなたも摂り入れてみませんか。

◆美肌に効くサプリメント(コエンザイムQ10)◇

しばらく前のことになりますが「コエンザイムQ10」という成分が、一世を風靡した時期がありましたね。
あなたもきっとご存じのことでしょう。
現在は、あの時ほどの熱狂的な買占めなどはないものの、あの時期からの支持者も多いです。
その大部分は、実際にコエンザイムQ10を使用してみて、確かな効果を実感できたかたでしょう。
だからこそ、現在でも続けているのです。
そして、新たにコエンザイムQ10という成分に出逢ったかたがたや、アンチエイジングに目覚めたかたがたも、やはり一度は使ってみることでしょう。
美容成分にも流行り廃りがあるものですが、コエンザイムQ10も明らかに美肌に効くにもかかわらず、最近の人気はやや下降気味のようです。
と申しますよりも、以前の流行りがあまりにも凄まじかったと言うべきでしょうか。
各店、品切れ続出でしたからね。
ところで、コエンザイムQ10という成分は、人間の体内のあちらこちらに存在している成分でもありますし、体内で生産もされるものです。
もちろん表皮にも存在しているのですが、やはり紫外線や加齢などが原因となってだんだん減少してゆき、生産量も減ってゆきます。
身体のあちらこちらに存在しているということは、ほぼ全身でコエンザイムの需要があるということでもありますが、とくにその作用をお肌に限って言えば、お肌に刻まれたシワが少しずつ短くなったり、浮き上がって来て目立たなくなったりするということが挙げられます。
実験の結果として、たった2週間で効果が目に見えたという例もあるほど、他の成分に比べて結果が出るのが早いという特徴も持っています。
化粧品で外側から、そしてサプリメントで内側からというのがより早く美肌に効く使用方法だと思います。
過去にコエンザイムQ10が配合された化粧品を使用していらしたかたも、今一度、サプリメントで試してみませんか。

◆美肌に効くサプリメント(ビタミンC)◇

一昔前から美肌に効くサプリメントといえば、ビタミンが有名でした。
女性はいつの時代も美しいお肌でいたいという願望がありますから、まだ、コラーゲンやプラセンタ、ヒアルロン酸なども世間に名称が知れ渡っていない頃から、美肌といえばビタミンと言われていました。
だいぶ昔から、ビタミンが美肌に効くということだけは、皆さまご存じであった筈です。
現在でこそ、コラーゲンやプラセンタに押されがちではありますが、ビタミンの美肌効果はもちろん遠い過去から実証済みですので、今でももちろんその効果に変わりはありません。
そればかりか、むしろビタミンがお肌に及ぼす効果について、より研究が進んでいますから、美肌を目指したいのであればもっとたくさんのビタミンを摂っていただきたいくらいです。
ビタミンと申しましても、いろいろ種類がございまして、今回はとくに美肌に効くと言われるビタミンCをご紹介いたしましょう。
ビタミンCと聞いただけでも、何故かしらとてもフレッシュで健康的なイメージが湧きませんか。
これはたぶん、ビタミンCが野菜やフルーツに多く含まれる成分だからでしょう。
そして、今流行りのコラーゲンなどが持てはやされるずっと以前から、美しく健やかなお肌になりたければ、ビタミンCを摂るようにと言われ続けてきたのが、どこか記憶に残っているからかもしれません。
昔から言われ続けてきたとおり、ビタミンCは明らかにお肌を美しくします。
世間は美肌にはコラーゲンと当たり前のように言っていますが、このコラーゲンの生産を促すために必要なのがビタミンCなのです。
また、非常に高い抗酸化力によって、お肌の老化を防止してくれますし、メラニン色素に働きかける作用がありますので、シミの予防や改善までもしてくれます。
皮脂の分泌を抑えてくれる効果もありますから、毛穴を小さくする効果も期待できます。
ただ、ビタミンCはすぐに排出されてしまうので、食べ物からだけでは足りないかたが多いです。
サプリメントを利用することをおすすめします。

◆美肌に効くサプリメント(ビタミンE)◇

数種類あるビタミンの中でも、とくに美肌に効くビタミンと申しますと、ビタミンCのほかにもうひとつ、「ビタミンE」があります。
ビタミンEのサプリメントもよく売れているひとつです。
ビタミンEについて少しでもご存じのかたでしたら、このビタミンがアンチエイジングに効果的なビタミンだということは既にお分かりでしょう。
「ビタミンE=若さのビタミン」と言われるくらいですから、当然ながらその効果はお肌にも及ぶことになります。
最も注目されるのは、ビタミンEが持つ抗酸化作用です。
美肌を目指すならば紫外線は避けなくてはいけないということは、もうどなたでもご存じですよね。
しかし、完全に防ぎきれるわけではありません。
紫外線がお肌にあたりますと、活性酸素が発生してしまいますが、これがコラーゲン繊維を破壊したり切断したりしてしまうのです。
そういたしますと、当然ですがシワになりやすく、またタルミも生じてきます。
ビタミンEという成分は、活性酸素を減少させる物質であるグルタチオンを増加させてくれますから、紫外線を浴びたとしても、その悪影響から守ってくれるわけです。
他にも、血行促進作用がありますので、お肌の隅々まで栄養分を行きわたらせることが可能ですし、強いバリア機能で皮脂の酸化を防いでくれたり、紫外線や空気中の汚染物質からもお肌を守ってくれるのです。
いかがですか。
これほどにも美肌に効く成分が、コラーゲンに比べますとほとんど持てはやされていないのが現状です。
ビタミンEも、食べ物から摂ることは出来ます。
植物油やナッツ、アーモンド、落花生、卵、豆腐等々に比較的多く含まれています。
ですが、コンスタントに摂るのでしたら、やはりサプリメントの助けが必要でしょう。
どうぞ、今一度ビタミンEのパワーを実感してみてください。

◆美肌に効くサプリメント(マルチビタミン)◇

ビタミンCとビタミンEは、非常に美肌に効くビタミンですが、他にもビタミンB2や、ビタミンB5(パントテン酸)、ビタミンH(ビオチン)など、お肌を美しくさせるビタミンは多いのです。
しかし、これらのビタミンは単独でサプリメントとして販売されているケースは少ないですね。
通常は、数種類のビタミンを配合して「マルチビタミン」という名称で販売されています。
ですので、このマルチビタミンも美肌に効くサプリメントだということになります。
もちろん、たくさんのビタミンが配合されているので、美肌だけではなく、健康にも優れたサプリメントということにもなります。
ビタミン類のほとんどは、人間の体内で自動的に作られることはありません。
ですから、食物から摂り入れなければならないのです。
しかしながら、知っておいていただきたいのは、ビタミンという栄養素を単体でたくさん体内に摂りいれても、それだけで強力な作用を期待してはいけません。
ビタミンという成分は、相互作用してこそ力を発揮するのです。
そのため、マルチビタミンというサプリメントは、ビタミンのパワーを最大限に引き出せるものでもあり、理想的なものであると思います。
各メーカーによってサプリメントの中に含まれているビタミンの種類は異なっていますから、購入する場合には、とくに配合されていてほしいビタミンをチェックしてからにしてください。
女性の多くは美肌に効くビタミンCとビタミンEが配合されているものが良いですよね。
一般的にマルチビタミンには、どちらも配合されていますが、念のため確認したほうが安心ですね。
また、マルチビタミンのサプリメントを服用しているからと言って、野菜や果物をまったく食べないのはあまり良いことではありませんので注意してくださいね。

1 2





日々、お役立ち情報を記事にしてまとめております。皆様から「ためになった!」と思われるようなまとめサイト作成を心がけております!

このまとめに参加する