【特徴】 効果もあり副作用も少なくバランスが良い

三環系抗うつ剤は作りが荒いため、モノアミン以外の様々なところにも作用してしまい、副作用を起こしてしまいます。モノアミンだけに選択的に作用して余計なところに作用しなければ効果もあって副作用も少ない抗うつ剤になるはずだと考え、開発されたのがSSRIです。

SSRIは、モノアミンのうち特にセロトニンだけを選択的に増やす作用に優れます。

セロトニンに選択的に作用し、その他の部分にはあまり作用しないため、三環系と比べると副作用は大分少なくなりました。特に命に関わるような重篤な副作用はほとんどなくなった点は大きいです。

作用機序としては主にセロトニンの再取り込みを阻害することです。

効果もしっかりあるため、効果と副作用のバランスが良く、SSRIは現在のうつ病治療の第一選択になっています。

商品名としては、ルボックス・デプロメール、パキシル、ジェイゾロフト、レクサプロがあります。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ちょっと待って!!抗鬱剤を飲む前に考えておきたいこと。

ちょっとした気持ちの落ち込みですぐにうつ病と診断される今の日本。簡単に処方される薬。はっきり言ってとても危険な薬です。自分は本当に薬が必要なのか、よくよく考えましょう。では、薬の特徴、副作用や離脱症状などを見ていきましょう。随時更新予定です。

このまとめを見る