1. まとめトップ

【垂直尾翼特集】飛行機のロゴにはこんな意味が!

飛行機それぞれ違う垂直尾翼のロゴ。 どれもその国やその会社の特徴を現しているんです。たかが尾翼、されど尾翼。美しい垂直尾翼をご覧ください。*****アライアンス(複数の航空会社が提携しているグループ)毎に紹介します♪

更新日: 2015年05月16日

15 お気に入り 134672 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

scandinaviaさん

ワンワールド

ワンワールド(oneworld)は、世界的なアライアンスの中ではスターアライアンスに次いで、1998年に設立された。世界を代表する11の航空会社により構成されており、世界150ヶ国、700都市以上へのネットワークを提供している。

出典airman.jp

鶴丸

会社再建の時に復活しました。
太陽のアーク(新鶴丸の前)のロゴも見慣れれば、なかなかでしたが、やっぱりこっちの方がしっくりきます。

当時はこのロゴが復活したと、ニュースでも取り上げられていました。

2013年、45年ぶりに新しいデザインとなりました。
今までの『AA』から、星条旗をイメージしたロゴに変わりました。

新しい機体デザインとロゴマークは、進化への熱意、また大空へ舞い上がる精神を表しています

こちらはユニオンジャック(英国国旗)の一部を切り取ったものです。
ブリティッシュエアは英国の「フラッグ・キャリア」です。

白い筆文字で翼をイメージしたブラッシュ・ストロークと呼ばれる中国伝統の書道をモチーフにしています。

キャセイパシフィック航空は香港に拠点を置く航空会社です。
機内食についている硬い(ほんとに硬い)アイスが今でも忘れられません。

出典airman.jp

そのまま「F」です。
左右対称なので反対側はちゃんと「F」に見えます。

旧塗装は青ベースに白抜きの文字でスタイリッシュだなぁと思っていましたが、新塗装はシンプルですね。

マレーシアの伝統的な三日月型の凧「ワウブラン(ワウ=凧、ブラン=月)」をデザインしたものです。

カンタス航空はオーストラリアのクィーンズランド州で設立されました。
そのままですね、「カンガルー」。
これはラグビーW杯の特別塗装機でカンガルーがボールを抱えています(笑)

出典airman.jp

スリランカのフラッグ・キャリアです。
孔雀をモチーフしています。
孔雀はスリランカの国鳥です。

カタールの国獣として指定されているアラビアオリックスが描かれています。

スターアライアンス

スターアライアンス(Star Alliance)は1997年5月14日、エア・カナダ、ルフトハンザドイツ航空、スカンジナビア航空、タイ国際航空、 ユナイテッド航空の5社で設立され地球規模のネットワークを世界で初めて実現したアライアンス(航空連合)のひとつである。

そのままですね(笑)

基調となっているカラーは、「トリトンブルー」と命名されたコバルトブルーです。
トリトンとは、「海王星の第一衛星」または「波と風を鎮める神」のことで、安全を願う気持ちから名づけられました。

カナダの国旗にも使われているサトウカエデ(シュガーメープル)をあしらっています。

ニュージーランドのマオリ族の伝統模様である「コルー 」(シダの芽の渦巻きをモチーフとしたデザイン)が描かれています。
(シダの芽は「誕生、成長」を意味)

「VIP」を変形させた真っ赤な鳳凰だそうです。
※VIPは中国国際航空のお客様に対する姿勢とのこと。

コンセプトは「Energy of Saekdong」
Saekdong(セクトン)というのは、韓国の伝統的な色で青・赤・黄・白・黒の5色です。それらの色が組み合わされています。

古代エジプト天空の神「ホルス」を表す鷹をモチーフとしたもので“安全な飛行”への願いが込められているそうです。
エンジンにも描かれていますね♪

モチーフとなっている鳥はツルです。
その理由は、鳥の中で最大級の大きさであること、 お伽話や童話で「天国の使い」、「幸運を呼ぶ鳥」、「長命のシンボル」等として取り上げられていることからだそうです。
野生のツルを保護する活動も行っています。

ドイツのフラッグ・キャリアです。

スウェーデン、デンマーク、ノルウェーのスカンジナビア三国が共同で運航して いる航空会社です。

SASは「Scandinavian Airlines System」の略です。

これに乗って北欧行くときの気分、なかなかイイです^^

「Silver Kris」と呼ばれる鳥をモチーフとしたものです。

いつも人気エアラインの上位にいるシンガポール航空にいつかは乗ってみたいものです。

南アフリカのフラッグ・キャリアとして設立されたアフリカで最も歴史の長い航空会社です。

スイスの国旗と全く同じ赤地に白十字のデザインです。

出典airman.jp

タイの伝統的なデザインをモチーフに、シルク、寺院、蘭などのイメージを加え、タイの文化を象徴したものとなっています。

「ハイイロガン」という鳥をデザインしたものだそうです。
何故、ハイイロガンか?は分かりませんでした。
赤はトルコ国旗の色だそうです。

コンチネンタル航空と合併し、垂直尾翼のマークはコンチネンタル航空(地球儀)のものが使用されました。

昔の「U」マークが懐かしいですね。

1 2 3