1. まとめトップ

マンション売却時の注意点。不動産会社との関係や査定、口コミ、手数料など

インターネットで無料査定ができるサイトもたくさんあります♪

更新日: 2015年05月12日

0 お気に入り 1953 view
お気に入り追加

◆マンションの売却について◇

マンションを売却する事情は人それぞれですが、できるだけ高く売却したいと考えるのは誰でも同じでしょう。
売却の前に査定を受けなければなりません。
1社だけではなく、複数の不動産会社に査定を依頼しましょう。
もちろん、同じマンションの査定ですから極端に差が出ることはありません。
大まかな金額は変わらないと思っていいでしょう。
ただ、マンションを高く売却するためのポイントを押さえて置くことが重要です。
まずは、売却の目的を明確にしておくことが大切です。
目的によって、売却の希望価格が違ってきます。
売却して別の土地に引っ越すのであれば、その費用を賄わなければなりません。
売却のための査定も手数料を取る場合があります。
まずは電話で確認することが大切でしょう。
査定では部屋の間取りや築年数、住所などからおおよその概算価格が提示されます。
もっと詳しい査定をする場合には実地で確認作業が必要となるのです。
売却の査定額を上げるためにどのようなことができるのでしょうか。
壁紙の張替えや建具の補修などをする必要はありませんが、痛みが出ている場合には減点されることがあります。
ただ、マンションの売却はお互いに高い取引ですから、簡単に決められることではありません。
また、ローンが残っている場合は、ローンの処理をどうするかも重要な問題です。
ローンの残金を含めて、売却することもできます。
査定額からローンの分が減額されることになります。
誰でもがどこかの家を所有しなければなりません。
マンション売却はその後の生活を考えておくことが重要です。

◆マンションの売却査定◇

あなたが自分のマンションを売却使用とするなら、まずは査定をしてもらいましょう。
不動産業者に依頼して、査定額を計算してもらうのです。
それが自分の希望額よりも高ければ問題ありませんが、安い場合には別の業者に査定を依頼することもできるでしょう。
また、不動産業者が直接買い取るのではなく、買取り希望のお客をさがしてくれる場合もあります。
これは仲介となります。
もちろん、手数料がかかりますが、あなたは何もする必要がありません。
自分の希望売却額を不動産業者に伝えておけばいいのです。
ただ、すぐに買い取り希望者が現れるとは限りませんから、時間的な余裕がある場合に取れる方法でしょう。
マンションの売却価格を決める時に査定を受ける必要がありますが、大きく分けると簡易査定と訪問査定があります。
簡易査定とは間取りや近隣の不動産情報を元におおよその査定額を算出する方法です。
まだ計画段階であり、すぐに売却するつもりがなければ簡易査定を受けましょう。
その金額を聞いてから、本当に売却するかを決めればいいのです。
訪問査定は本当に売却使用とする場合に行われます。
詳しい測量などをしますから、無料ではありません。
ただ、売却額の制度は高くなりますから、買い手を見つける時には必ず受けなければなりません。
実際には複数の業者で査定額が異なります。
これは、不動産業者が自分の利益を加えて想定した売値からはじき出される数字です。
不動産業者の事情が絡むのです。

◆マンションと不動産会社◇

マンションを売却したいと考えるなら、まずは不動産会社に相談しましょう。
問い合わせだけなら無料で対応してくれるはずです。
ただ、実際の査定などを行うと手数料を取られる場合もあります。
事前に確認しておくことが大切ですね。
最近はインターネットでいろいろな情報を収集することができるようになりました。
不動産情報なども入手することができます。
中古マンションの売値を調べてみると、自分のマンションの売却がおおよそ推定できます。
もちろん、正確な売却額は訪問査定を受けなければ出てきません。
ただ、売却後の資金の使い道が決まっているなら、概算額で計画を立てればいいのです。
注意しなければならないのは不動産会社が直接購入してくれるのではなく、仲介の身を行うことが多い点です。
つまり、査定額が決まっても、すぐに売れるわけではなく、そこから買い手を探すことになるのです。
査定額を高めのままにして売り出しても買い手が付かないこともあります。
価格を下げるかどうかは持ち主の判断によります。
少しでも高く売りたいと考えているなら、買い手が見つかるまでずっと待つこともできるでしょう。
ただ、別のところに引越しが決まっているなら、早めに売却して新しい住居の資金に充てたいと思うのです。
不動産会社に相談すれば、これらのことは詳しく説明してくれるはずです。
いずれにしても不動産会社に支払う手数料が発生します。
売却代金から差し引かれますから、手出しが必要なわけではありません。

◆マンションの売却の価格◇

マンションナビでマンション売却額を確認してみましょう。
インターネットでの査定ですから、1分もかかりません。
もちろん、簡易査定ですから概算価格です。
実際の売却ではもっと詳しい査定を受けなければなりません。
売却額を知っておくことで、実際に引越しをすることになった時に、計画的な売却ができるでしょう。
ただ、マンションを売却することになる人が多いわけではありません。
マンションの老朽化などによって、需要は常にあるのです。
初めてのマンション売却では多くの人が失敗していると言われています。
何度もマンションを売却するケースは少ないですから、ほとんどの売却が失敗と言うことになります。
どのくらいの価格が失敗なのかは、難しい判断です。
一般的な販売価格よりも業者への売却額の方が低いことは当然だからです。
査定額を高くするためにできることはそれほど多くありませんから難しく考える必要はありません。
ただ、早めに売却を検討することが大切です。
時間的な制約があると、どうしても安い価格で売らなければなりません。
住み慣れたマンションを引っ越したくないと思っていても、いろいろな事情で手放すことになるでしょう。
マンション売却は人生設計を考えることになるのです。
査定額を高くすることは重要かもしれませんが、自分の生活を考えるようにしてください。
古くなったマンションの場合は売却額も下がってきます。
もちろん、ただではありませんが、そのお金で新しいマンションを購入することは難しいでしょう。

◆マンションの査定◇

失敗しないマンション売却を紹介しましょう。
マンション売却で注意しなければならないことはまず複数の業者に査定依頼をすることです。
業者によって査定額は違います。
この差はどこからくるのでしょう。
業者はマンションを直接購入するのではなく、売り手を探してくれるだけです。
つまり、業者の買い取り額と売却額の差が利益となるのです。
高く売る自信がある業者なら、高めの査定額を提示してくれるのです。
もちろん、マンションの設置環境や部屋の広さなども無関係ではありません。
特に設置環境は周りの状況によって大きく変化します。
近くにスーパーができれば、生活が便利になりますから、マンションの売却額は高くなります。
マンションの売り時と言うものがあるのです。
高く売るもう一つのポイントは売却までの時間に余裕を持つことです。
不動産会社に相談してもすぐに売れるとは限りません。
時間的な制約があると、安くても売ってしまわなければなりません。
特に引っ越しなどで新しいマンションの購入資金が必要になることもあるでしょう。
インターネットを利用した無料査定が便利です。
これならば複数の業者に査定依頼をすることも簡単ですし、無料ですから魅力的ですね。
今すぐ売るつもりはなくても、査定だけを受けることもいいでしょう。
自分のマンションの評価額を知っておくことで、その後の生活設計を考えることができます。
マンションの査定額は業者によって数百万のレベルで差が出ることもあります。

◆マンションの売却の注意点◇

マンション売却時の注意事項を考えてみましょう。
まずは複数の不動産業者に査定を依頼することです。
売却額を高くすることがマンション売却の第一歩でしょう。
インターネットの無料査定サイトを利用すれば、簡単に査定額がわかります。
あくまでも概算額ですから、確定額と思わないようにしてください。
不動産業者全国にありますが、マンションが実際に立っている土地に近い業者を選ぶことが現実的です。
無料査定では不動産業者を選ぶことができます。
不動産業者も良好なマンション物件を取り扱いたいと思っていますから、たくさんの査定をしたいと思っているのです。
中古マンションの販売を積極的に行うためにはたくさんの物件情報を持たなければならないのです。
ただ、多くの業者は仲介業務がメインです。
自社でマンションを購入するわけではないのです。
所有者がいて、買い手を探すお手伝いをすることになります。
売却が決定するまでは、お金を手にすることはできません。
また、手数料などが発生しますから、売却額から引かれることになるでしょう。
不動産業者と仲介の契約をした場合は、毎月契約料を払わなければなりません。
その分は手出しとなるのです。
もちろん、仲介契約にはいくつかのパターンがありますから、事前に相談しておくことが大切です。
立地条件が良いマンションはすぐ売却が決まるかもしれませんが、あまり良くない場合は簡単に売れません。
それでも希望額を下げずに待っている人もいるのです。

◆マンション売却のメリット◇

引越ししなければならなくなり、マンションの処分をどうするか決める必要が出てくることもあるでしょう。
その時に売約すべきか賃貸するかで迷う人もいます。
マンションの売却のメリットについて考えてみましょう。
まず、売却と賃貸の違いを比較しましょう。
売却は自分の所有物ではなくなりますが、賃貸は自分の資産です。
つまり、賃貸として所有していると毎年固定資産税が発生ます。
仮に空き家となっていても税金を払わなければならないのです。
また、マンションの大家として、借主に対するケアをしなければなりません。
一般的には不動産の管理会社と契約することになりますから、その手数料を払うことになります。
賃貸マンションの家賃から手数料と税金を引いた額が利益となります。
家賃が高ければいいのですが、安い場合は赤字になる可能性もあります。
売却をすると手数料などを払わなければなりませんが、売却益が出ます。
その後の費用は発生しません。
賃貸を選ぶ人は、いずれ戻ってきてマンションに住もうと考えている人でしょう。
戻るつもりがないなら、売却の方がメリットは大きいと言えます。
売却の場合は査定を依頼しましょう。
どのくらいの売却益が出るか参考にするためです。
実際に売却を決めたならばもっと詳しい査定を受けて契約に進みましょう。
マンションの購入も売却も決して安くありません。
じっくりと検討する時間を持つことが大切でしょう。
その過程では複数の業者から査定を受けることがポイントになります。

◆おすすめのマンションの売却◇

インターネットでマンション売却を検索してみましょう。
たくさんの不動産会社が出てくるはずです。
また、マンション売却専門のサイトもたくさんあります。
マンション売却のサイトで査定を受けることができます。
おすすめのサイトはマンションナビでしょうか。
マンションナビは全国の分譲マンションの情報を専門的に掲載しているサイトです。
すべて無料です。
年間360万人の人が利用しているそうです。
その中には実際には売却するつもりがない人もいるでしょう。
自分のマンションの査定額を知るために試しているのかもしれません。
ただ、マンションの価格を知っておけば、今が売り時かどうかを判断することができます。
築年数が経ってくると、マンションの評価額は下がってきます。
いつか別の土地に住みたいと考えているなら、査定額が下がらないうちに引っ越しを考えることでしょう。
もちろん、査定が無料だとしても売却までの手続きにおいては不動産会社に手数料などを支払わなければなりません。
ローンが残っていれば、残額の借り換えローン手続きなども必要となるのです。
詳しいことは売却が決まった時に確認しておかなければなりません。
日常生活の中でマンション売却を考える時はほとんどありませんが、いざと言う時のための準備としてインターネット査定を受けておくこともいいでしょう。
マンションナビは無料で9社からの査定を受け取ることができます。
登録されている不動産会社は500社以上です。
あなたのマンションの近くの会社も登録されていることでしょう。

◆マンションの売却の手続き◇

マンションの売却に関する手続きについて紹介しましょう。
今は売却しないとしても、知識として知っておくことは大切です。
売却すると決めたなら、やらなければならないことを確認しましょう。
まずは相場を知ることです。
同じような物件がいくらくらいで売却されているかを知れば、おおよその目安となります。
一括査定を利用すれば、不動産会社の査定額を知ることができます。
もちろん、不動産会社への契約料などを払わなければなりませんから、総額はそれよりも下がることになります。
次に不動産会社を探します。
普通はほとんど用事がありませんから、どこの不動産会社に相談すればいいかわからないでしょう。
そこでインターネットを利用するのです。
無料でマンションの査定を行ってくれます。
複数の業者に依頼することも簡単ですから、便利です。
ただ、最終的には一つの不動産会社と契約をすることになりますから、住んでいるところから近い不動産会社を選ぶ方がいいでしょう。
そして、不動産会社と媒介契約をします。
買い手との間の仲介を依頼するのです。
媒介契約ではいくつかのパターンがあります。
複数の業者と契約を結ぶ場合と、単一の業者と契約する場合です。
それぞれで契約料が違います。
自分のマンションの売却では土地らがいいかをしっかりと考えましょう。
売却までの期限に余裕があれば、じっくりと考えてください。
購入希望者が現れたら、交渉が始まります。
不動産会社を間に立てることが一般的です。
物件を実際に見てもらいましょう。
そして、売買契約です。
契約が終われば、引き渡しとなります。

◆SUUMOのマンション査定◇

1 2 3





日々、お役立ち情報を記事にしてまとめております。皆様から「ためになった!」と思われるようなまとめサイト作成を心がけております!