1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

全戦績

「激闘王」と呼ばれるゆえん

日本のリングには、いつの時代も身を削るようなファイトで沸かせる男たちがいた。1970年代は輪島功一、90年代なら辰吉丈一郎。先達たちが背負った「激闘王」の看板はいま、160センチの小さな男に引き継がれようとしている

壮絶な打撃戦をいとわない姿は米専門局記者が「世界最高試合」に選ぶほどだ

画像:日本経済新聞

大橋秀行会長は現役時代の1992年10月、WBA世界ミニマム級王者の崔熙庸(韓国)と激闘を展開し、額を大きく腫らしながら12回を戦って判定勝ちをもぎ取った。日本を沸かせた壮絶な戦いを振り返り「まさに激闘王の継承です」と期待。

【デビュー戦から】※テレビ東京公式

【WBA世界ミニマム級タイトルマッチ】※テレビ東京公式

WBAの年間賞では「最も劇的な試合」(Most Dramatic Fight of the Year) に選出された。

ローマン・ゴンサレスとの激闘

再起、ふたたび世界へ

公式サイトとブログ

関連まとめ

1