1. まとめトップ

【閲覧注意】奇形・奇病・難病~人体の驚異

世界の奇形・奇病・難病のまとめです。

更新日: 2020年05月26日

108 お気に入り 3525702 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

reojcさん

出典tocana.jp

肉が失われて骨が剥き出しになっているのは、23歳の女性患者の左脚である。末梢動脈疾患(PAD)によって壊疽を発症した結果、このような状態になったという。

 PADとは、足の血管に動脈硬化が起こり、血管が細くなったり詰まったりして、十分な血液が流れなくなる病気である。

https://tocana.jp/2020/05/post_155991_entry.html

顔の半分があざ… 難病「スタージ・ウェーバー症候群」女性が苦しみの果てに辿り着いた境地とは!? 勇気と感動の人生ヒストリー=米
https://tocana.jp/2020/05/post_155371_entry.html

出典tocana.jp

「ケモブレイン(chemo brain)」をご存じだろうか。「がん関連認知障害」または「化学療法関連認知機能障害」と呼ばれることもある。抗がん剤治療等により引き起こされる記憶力、集中力、作業能力の一時的な低下状態を意味する。

https://tocana.jp/2020/05/post_154813_entry.html

出典tocana.jp

インド・カルナータカ州ベルガウムに住む男性、モイン・ジュネディさん(20)は、“ガラスのように壊れやすい”骨を持った、足の不自由な水泳選手である。彼の症状は「骨形成不全症」と呼ばれる。骨形成不全症は、骨が脆くて弱いため、骨折しやすく、骨が変形する先天性疾患である。

https://tocana.jp/2020/04/post_151854_entry.html

出典tocana.jp

“悪魔の赤ん坊”の噂。この赤ん坊はインドのマディヤ・プラデーシュ州にあるガロス村で先月19日に生まれ、母親は出産後に亡くなった。生まれてから1時間以内に話し始めた赤ん坊は、「おまえたちは今夜眠れば、永遠に眠り続けるだろう」と人々に告げたという。

https://tocana.jp/2020/04/post_150823_entry.html

出典tocana.jp

米ミシガン州に住む男性、マーティ・シーディさん(33)は、身体の2カ所以上の関節に拘縮がある「関節拘縮症」と、腹筋が欠如する「プルーンベリー症候群」とともに生きてきた。身長125センチ、体重27キロの彼は、ハサミのように脚を交差させる格好でしか歩けない。そのため、人々から「ハサミ男」「ハサミ脚」と呼ばれている。

https://tocana.jp/2020/04/post_150688_entry.html

出典tocana.jp

異食症とは、土や紙、毛髪、石鹸など、食糧ではないものを無性に食べたくなる症状である。
インドで撮影されたという動画には外科手術の様子が映っている。患者の腹部が切開されると、その奥には無数の金属の光沢が見える。ピンセットで摘まみ出されたのは、なんと、安全ピンだった! 次から次へと出てくる安全ピン――。

https://tocana.jp/2020/03/post_147611_entry.html

出典tocana.jp

アシュリー・カーピエルさん(37)は、子供の頃に「進行性骨化性線維異形成症(FOP)」と診断された。FOPは、全身の筋肉やその周囲の膜・腱・靭帯などが骨組織に変化して硬くなり、手足の関節が動きにくくなったり、背中が変形したりする病気だ。「ACVR1(別名「ALK2」)」と呼ばれる遺伝子の一部の異常が原因で、家族からの遺伝よりも突然変異によって発症することが多いとされる。

https://tocana.jp/2020/02/post_142484_entry.html

出典tocana.jp

インド・チャッティースガル州ダンテワダ県に住む少女、ラジェシュワリさん(7)は、遺伝性の皮膚障害に苦しんでいる。彼女の全身は“樹皮”に覆われているのだ。最初は足に厚い皮膚の層ができて、後に他の部分に広がっていったという。

https://tocana.jp/2020/02/post_142017_entry.html

出典tocana.jp

インド・アッサム州に住むサガル・ドルジくん(7)は、4歳のときに目から出血し、まるで眼球がこぼれ落ちそうな状態になった。両親は120ポンド(約1万7千円)の初診料すら払えないほど貧しかったため、彼は苦しんだ末に視力を失った。失明の原因となった急性骨髄性白血病は、血液をつくる過程で生じる骨髄芽球に遺伝子異常が起こり、がん化した細胞が無制限に増殖することで発症する。

https://tocana.jp/2020/01/post_140110_entry.html

出典tocana.jp

米アリゾナ州の都市メサに住む2歳女児のベサニー・デイビスちゃんは、動揺すると心停止が起こる。そんな彼女が一時的に“死ぬ”瞬間をとらえた映像が英紙「The Daily Mail」などで公開されている。

https://tocana.jp/2020/01/post_140382_entry.html

出典tocana.jp

米フロリダ州ブロワード郡の都市ディアフィールドビーチに住む男性、ジェフリー・オルテガさん(30)は、ブヨブヨに膨れ上がった足に苦しめられている。彼の左足のサイズは17インチ(約43センチ)、右足のサイズは14.5インチ(約37センチ)もある。歩くと「ガラス片の上を歩いている」ような痛みを伴うという。

https://tocana.jp/2020/01/post_138969_entry.html

出典tocana.jp

インド・オリッサ州ガンジャム県に住むジャガンナート君(10)は「ヘビ人間」と呼ばれている。というのも、彼は全身の皮膚が大きな鱗で覆われているからだ。

 ジャガンナートさんの症状は、「層状魚鱗癬」と呼ばれる遺伝性疾患である。20種類ある魚鱗癬の1つで、発症率は20万人に1人未満とされる。

https://tocana.jp/2020/01/post_138110_entry.html

出典tocana.jp

全身の神経に腫瘍が発生する遺伝子疾患「神経線維腫症」で苦しむ人々がいる。彼らは、頭から脚まですっかり腫瘍で覆われた外見が原因で、排除の対象とされることが多い。


https://tocana.jp/2020/01/post_137548_entry.html

出典tocana.jp

近親婚や妊娠中の服薬は、生まれてくる子どもの人生を変えるかもしれない――。ケニアの首都ナイロビにある2つの大病院で行われた調査で、そんな結果が報告されたと、現地の有力紙「ザ・スタンダード」が伝えた。

https://tocana.jp/2019/12/post_135157_entry.html

出典tocana.jp

インド・オリッサ州ガンジャム県に住むクマール・ナヤックさん(63歳)は多指症を持って生まれた。多指症は手足の指が通常よりも多く形成されてしまう先天異常で、発症頻度は1,000人に1人の割合とされる。

https://tocana.jp/2019/12/post_128887_entry.html

出典tocana.jp

中国広東省陸豊市に住む男性、アジュンさん(21)は、9本の指がある左足から余分な指を切除するための手術を受けた。英紙「The Daily Mail」などによると、彼は生まれつき左脚の指が9本だったが、占い師から「(指が多いのは)天からの贈り物」と言われた両親がそれを信じて手術を考えなかったという。


https://tocana.jp/2019/11/post_122207_entry.html

出典tocana.jp

幼女なのに巨乳という矛盾した存在である「ロリ巨乳」はフィクションではありません。生後6ヶ月から16歳ぐらいまでの若い女性に発症する乳腺肥大症という実在する内分泌疾患です。

https://tocana.jp/2019/11/post_121139_entry.html

出典tocana.jp

インドに住む女性、バビタ・アールワールさん(21)が生んだ赤ん坊は、1つの胴体に頭が2つ、腕が3本ある奇形児だった。夫のジャスワント・シンさんは「妻が赤ん坊を見て失神しました。ショックです。信じられません。赤ん坊を見る人は誰もがショックを受けるでしょう。子供の頭が2つあるなんて信じられません」と語る。

https://tocana.jp/2019/12/post_127370_entry.html

出典tocana.jp

米テキサス州の都市ガルベストンに住むザイド・ガルシアさん(16)は、2歳のときに火事で全身の80%にやけどを負った。ろうそくの火が家の中に燃え移り、ベビーベッドで毛布に包まれて寝ていたザイドさんを飲み込んだのだ。生き残った彼は、全身が焼けただれ、両手と5本の足指の切断を含む数十回もの手術を受けてきた。彼には鼻も耳もなく、頭に傷が残り、目は皮膚でふさがっている

https://tocana.jp/2019/11/post_121234_entry.html

出典tocana.jp

露シベリア連邦管区クラスノヤルスク地方のグロマツク村で6年前、一人の女の子が誕生した。「ダリナ」と名付けられた彼女は、両親を戸惑わせた。というのも、ダリナちゃんの顔には顎と唇が無かったからだ。ダリナちゃんは先天奇形の「ナジェ症候群」と診断されていたが、検査の結果彼女特有の症状であることが判明し、シベリアの医師たちにはダリナちゃんを救うことができなかった

https://tocana.jp/2019/10/post_118479_entry.html

出典tocana.jp

米・南フロリダ地方で今年3月7日に生まれたルナ・フェナーちゃんの顔には、“バットマン”のような痣がある。ルナちゃんの症状は「先天性色素性母斑」と呼ばれる。先天性色素性母斑とは比較的大きなほくろのことで、膨れていたり毛が生えていたりなど形状は様々である。

https://tocana.jp/2019/10/post_116644_entry.html

出典tocana.jp

インド・ラージャスターン州トーンク県の都市トーンクで、4本の足と3本の腕を持った女の子が誕生した。英紙「Metro」などに、この赤ん坊の写真が掲載されている。

https://tocana.jp/2019/09/post_115773_entry.html

出典tocana.jp

インド中央部マディヤ・プラデーシュ州のラーリ村に住む農夫、シャム・ラル・ヤダブさん(74)の頭部には、約10センチの“悪魔の角”が生えていた。この角は、2014年に頭をけがした後に“発芽”した。

https://tocana.jp/2019/09/post_114695_entry.html

出典tocana.jp

ベラ=ローズちゃんの症状は「嚢胞性ヒグローマ」である。嚢胞性ヒグローマは、内部が液体で満たされた嚢胞が首や脇の下に形成される病気である。発症率は出生1000例に対して1例。

https://tocana.jp/2019/09/post_111660_entry.html

出典tocana.jp

日本で難病に指定されている遺伝子疾患に「神経線維腫症」がある。中でもI型は「レックリングハウゼン病」とも呼ばれ、良性もしくは悪性の腫瘍を生じさせる他、日常生活に支障のある痛みを引き起こすこともある。2500~3000人に1人の発症率で、半数は家族にも病歴があり、残り半数は突然変異で発症するとされる。

https://tocana.jp/2019/09/post_111186_entry.html

1 2 3 4 5 ... 30 31