1. まとめトップ

DeNAが「自動車」でイノベーションを起こす!自動車ビジネスが熱い!

DeNAがZMPとタッグを組んで「自動車」ビジネスへ参入するそうです。現在の交通の問題を解決するイノベーションを起こすことが狙いです。この分野で先行しているのが「グーグル」です。すでに、自動運転車を自前で製作し、走行実験を重ねています。アップルの動きも注目ですね。

更新日: 2019年05月27日

0 お気に入り 1712 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

fwriterさん

▼ DeNA が「自動車」へ参入する

・この分野では ZMP とタッグを組む

自動運転技術を活用した旅客運送事業の実現に向けた研究・開発などを行う合弁会社を設立することに、本日合意しました

▼ 自動車でイノベーションを起こすことを狙っている

自動車がここまで当たり前のように広がった現代、一部の人は趣味で馬に乗りますよね。それと同じくらい、自動運転は当たり前になる

自動運転技術を活用した旅客運送事業(ロボットタクシーやロボットバス等)を実現するための研究・開発、さらに、開発された技術の提供などとともに、将来の利用者の開拓や利用促進を行います

・現在の交通の問題を解決する

過疎が進む地方では、お年寄りや子ども達の移動手段がとても不便

過疎化や高齢化の進む地域のお年寄りや子ども、障がいのある方など不便な生活を送られている方々のサポートの役割なども担う

▼ この分野で先行している「グーグル」

グーグルは2009年から自動運転技術の開発をはじめ、今年5月には、設計から製作まで、自社で行った自動運転車を発表した

自動運転車両のテスト走行距離は170万マイル(約274万km)にのぼり、そのうち100万マイル(約161万km)は自動運転モード

自動運転車が実現すると既存の自動車ビジネスが崩れる可能性があると指摘する声は多く、業界では「Google脅威論」が飛び交います

▼ 「アップル」の動きからも目が離せない

何をしようとしているかまだわからないが、単なるEVメーカーになることはないだろう。必ずやサービスと組み合わせたものになる

プロジェクトを率いるのは、Ford社の前エンジニアで「iPod」や「iPhone」の開発に貢献したスティーヴ・ザデスキーだという

1 2