1. まとめトップ

「テレサ・テン」没後20年 未だ輝く”アジアの歌姫”の魅力を探る

’95年5月8日、静養先のタイ・チェンマイのホテルで気管支喘息のため急逝してからすでに20年。しかし“アジアの歌姫”の歌声は色あせることはない。今また蘇る”アジアの歌姫”

更新日: 2016年06月08日

0 お気に入り 5429 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

未だに輝き続けるテレサ・テン

“彼女の声を聞くと癒される”という日本のファンは多いですね。

彼女は’82年3月にシンガポールで挙式する予定だったという。だが彼女は“歌を捨てる”ことができなかった。

人生最大の二者択一だった。両方を取ることは出来なかったのがより彼女の歌に深みを与えているようです。

没後20年目に3Dで蘇ったテレサ・テン

テレサ・テンさんの没後20年を記念したコンサート「如果能許一個願」が9日、台北アリーナで開催された。

 8月8日に上海公演の予定があるが、上海語が話せた本人に真似て、ステージで披露するかと注目が集まりそうだ。生前中国公演が叶わなかったテレサさんだけに、初コンサートという点も話題性にあふれている。

没後20年目に3Dで蘇ったテレサ。ぜひ見てみたいです。

@shoko55mmts マキちゃんが、仕事終わったあとに、はるで 独り酒 飲んでるシーンが好きです。ワイン飲んだり、熱燗飲んだり。テレサ・テンを聴きながら、ぬるい燗を飲む 昭和感、最高でしたwww

今年はテレサ・テン没後20年だそうで、再放送含め特番が連日。録画したのをまとめ観。若いときも、「つぐない」以降も、晩年のちょっと掠れた歌声もいい。で、そのままテレサのCDを聴きながら仕事しています。柔らかく美しい歌声は唯一無二です。 pic.twitter.com/3JE4sPCDMp

5/15(金)午後の予定 ●23:00-23:30 あの年この歌~時代が刻んだ名曲たち~ (BS ジャパン) ※1986年『苦難を乗り越えたアジアの歌姫』テレサ・テンの歌声 ※コメンテーター:高見沢俊彦

ジャッキー・チェンは若い頃、テレサ・テンと恋愛をしていた。しかし、価値観の違いや仕事の忙しさなどが原因で2人は別れることになる。2014年8月15日 (金) 09:27(UTC)から転載。License=CC-BY-SA

テレサ・テンさん没後20年、台湾で記念切手 - 産経ニュース sankei.com/world/news/150… @Sankei_newsさんから

テレサの生前の3つの悔しさ

良い学歴を持てなかったこと

 家庭を築けなかったこと

 中国でコンサートを開催できなかったこと

輝かしい表舞台の顔とは違って、心の中は辛い思いをしていたようです。

実兄の〓長富さんのブライドメイド役を務めた

テレサさんにとって、生涯一度きりのブライドメイド経験だった

テレサ・テンの人気の秘密

☆生い立ち

テレサ・テンは、大陸出身(外省人)の、軍人の家庭に育ちました。この出自が、彼女の歌手としての出発点と言ってもいいかも知れません。

彼女は13歳の時に中学を2年で中退し、本格的な歌手の生活に入ります。つまり、義務教育を終了することなく、一家を支えるためにプロ・シンガーの生活を選んだのでした。

幼少期は一般的に見ると貧しい生活でした。

1967年、14歳で台北の一流クラブ「巴黎(パリ)」と契約、ここで70日間のロング・ランという立派な記録をうち立てます。

テレサ・テンはここから一気に大スターへの道へ進み出します。すなわち、全世界の華人社会を結びつけた歴史上初めての歌手へと、成長していったのです。

この頃から「アジアの歌姫」の片鱗が見え始める。

まだあどけなさの残るテレサ・テン

☆日本でのデビュー

1974年、日本での第2弾シングル「空港」が大ヒットし、日本レコード大賞新人賞ほか、多くの新人賞を受賞します。彼女は、その優しい柔らかな歌声で、演歌スターの仲間入りを果たしたのでした。

しばらくして事件が起き、彼女は国外退去を命じられます。

彼女は再び甦り、150万枚という大ヒットを飛ばすのは、日本でのデビューから10年もたった、1984年のことでした。

ここからが、日本で本当に愛される歌手としてのスタートになったと思います。

テレサ・テンとか昔の歌好きな人見つけたいm(__)m だれかいないかな

究極のラブソングってテレサ・テンの時の流れに身をまかせやと思う

昨日さ、テレサ・テン流れてたから聴いてたのよ、仕事中に(笑)最近よく見るよねーって先輩が言うから、命日でしたもんね!って言ったら、よく知ってるね~!あ!!!台湾か!!!って言われて、綸さんの存在は隠してるけど、ちゃんと台湾好きってことになってるらしい(・ω・)

清光ちゃんの十八番はテレサ・テンの時の流れに身をまかせだな。

1 2