1. まとめトップ

お酒の肴にぴったり!豚の角煮の絶品レシピ

お酒のおつまみに「豚の角煮」はいかがですか?作るのは手間がかかると思っている方も多いのではないでしょう?でも案外そんなことはなくて簡単に作ることができるんです。炊飯器でも作っている方もいます(笑)

更新日: 2015年05月14日

5 お気に入り 3416 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

今日のつまみはなににしよ~かな~?
久しぶりに「豚の角煮」が食べたいなぁ♪
でも作るにしても難しそうだなぁ。。。

今年もそろそろ暑い暑い夏がやってきます。暑い夏といえば?「ビール!」という人も多いのではないでしょうか。ビールの肴に「豚の角煮」なんかはいかがですか?簡単絶品の「豚の角煮」レシピをたくさん紹介しますので、是非お酒を飲む機会に作ってみてはいかがでしょうか?

九州の料理が食べたい。甘辛い感じの食べたい。豚の角煮でも作るかー…

あぁぁぁぁ豚の角煮食べたい作り置きしておきたいぃぃぃぃぃ

豚の角煮の脂身の部分がどうしようもなく食べたい

豚の角煮って意外と簡単に作れる?

そんな豚の角煮ですが、自宅で作るとなると結構大変な印象を持っている方も多いのではないでしょうか? 煮物って料理の腕がそのまま出ちゃいそうで、どうも敬遠してしまいがち。特に豚の角煮は、硬くなってしまったり、ジューシーさが出なかったりすると、もったいないですよね。でも、そこはコツさえ覚えちゃえば、ちゃんと自宅でも美味しく作れるんです。

基本的な作り方のポイントを紹介します♪

まず初めにお肉の全面に焼き色をつけていくことで、お肉の旨味が逃げていくのを防ぎます。ここで片栗粉(小麦粉でも可)をつけることが重要です。豚の角煮のジューシーさのキーとなっているのは肉汁です。片栗粉で肉汁が逃げて行かないようにしっかりとコーティングし焼いていくことで、肉の旨味をギュッと閉じ込めておくことができます。

おいしい角煮を作る際に一番の肝はこの下茹でなんです。普通のお鍋でやると1時間もかかるので、少し手間ですが、ここでしっかり下茹でができるかどうかが角煮の味を左右するんです。

さらに選ばれし脂身たちをコトコト弱火でじっくり煮てあげることで、硬い筋がゼラチン質に変わり、とろける脂身を生み出すことができます。このとき、茹で汁が減ってきたらひたひたになるくらいまでお湯を足してあげてください。お肉は空気に触れると硬くなってしまうので、しっかり見守ってあげてください。

落し蓋をすることで、水分の蒸発を防ぎ、蓋の中でおいしさを包み込むことができますよ。この煮込み時間のあいだに、さらにとろっとした角煮に近づいています。

豚の角煮は、メイン料理にも酒のつまみにもなって万能です。なかなか遠ざかっていた豚の角煮も、この3ステップさえ押さえてしまえばだれでも簡単に作ることができますよ。普段よりちょっとだけ時間をかけて、愛情たっぷりのジューシーな角煮であたたかい食卓を囲めると幸せですね。

「豚の角煮」簡単絶品レシピ

ストウブでほろほろ豚の角煮 *

圧力鍋を使わなくとも柔らかく、ほのかにゆずの味がして、家族は絶賛してくれてます

柔らかく、ほっぺがとろけるような食感の角煮です!しめに残ったタレを丼ご飯にかけて食べるのもGood!!!!!!

普通の角煮はうちのお母ちゃんにどうしても敵わないけれど、お味噌味のは負けないよ!

トロントロンて幸せ〜♪こんなに美味しくていいんですか?!笑
明日も豚バラブロック買いに行っちゃってください!

肉を切って焼いたら後はストーブにお任せ♪手間はかけずに時間かけました(^^)

ソースを使って豚の角煮だってできちゃいます!最後の味の調整もソースでばっちり☆じっくり煮込んで召し上がれ~。

1