1. まとめトップ

可愛くておもしろいフィンランド語

言葉の響きが面白く、また可愛くもあるフィンランド語についてまとめました。
ムーミンやマリメッコ、サンタといった印象が強いフィンランドですが、そこで使われている言語もまた非常に興味深いものです。民族衣装も可愛らしいものが多いです♪
そこで、フィンランド民族衣装(一部違う)を着たくま兄さんを使っていくつか紹介させてもらいたいと思います。

東京オリンピックに向けて少しでも海外の言葉を覚えたいものです。



※使用イラストは自作のLINEスタンプ「兄さんとゆるっと話そうフィンランド語」であり、著作権は自分にあります。パクリ等ではございませんのでご安心下さい。

基本の挨拶

人に会った時にまずする挨拶。
日本語で言うところの「やあ!」英語で言うところの「Hi!」の表現。
気を張らない相手に使う。
もう少し丁寧に言いたい時には、「Hei!」を使う。

さよならの挨拶。
これまた気を張らない相手に使うもの。
丁寧に言うと「Hei hei!」。
「やあ!」の表現と同時に覚えておくと良い。
1つ増えることで出会いと別れが変わるので、可愛いからと言って連呼してはいけない。

※民族衣装はサーミ人のもの。

感謝の言葉。
言われて嫌がる人はいないはずなので、「ごめんなさい」よりも積極的に使いたい。

「Kiitos!」(ありがとう!)と言われた時の返し。
セットで覚えておくと便利。

朝の挨拶。
これまた覚えやすいので日常で使いたい
一言。

朝は「Huomenta!」
夜寝る時には「Öitä!」を使う。
朝夜セットでフィンランド語を。

響きが可愛い。
「Öitä!」の前に使えば、「もう寝させて下さい」
と相手に伝わる。

相槌などなど

相槌として使う。
相手が話している最中のリアクションとして使える。

本当だよ!という時に使う。
会話でもよく使われる。
「Totta totta!」と2回繰り返すと、
「本当本当!」と強調できる。

Tottaにkaiをつけ加えると「もちろん!」の意味に。
採った貝で覚える。

相手が言ったことに対して「それ本当?」
の返し。あんまり連発すると、「なんだこの人」となりかねないので注意。

拒否を表す表現。
「いや」「だめ」など。

※フィンランドではヘヴィメタが人気
エアギターの大会もフィンランド

納得した時になどに使う表現。
スペルは違うけれど、モデルさんの名前と同じなので覚えやすい。

相手の発言に対しての驚きなどを表す。
「アイヤー」というと中国語が思い浮かぶけれど、同時にこちらも覚えておくと良い。

Twitterでも使えるフィンランド語

「○○駅なう。」「ランチなう。」
などの「なう」のフィンランド語バージョン。
ひらがなで使っても可愛い。
「○○駅にゅっと。」「ランチにゅっと。」

Hyvääという形でたくさん目にすることになる言葉。
カタカタ表記からは非常に難しい発音であると思われるが、フィンランド語を覚えるならまずマスターした方が良い。
「いいね!」や「美味しい!」といった表現になる。

美味しいがこちら。
手に持っているのはカレリアンピーラッカというお米のパイ。東京でも食べられるところがあるらしい。

日本語で言う「どやぁ」
響きがかっこいいのであんまりうざさを感じない。
なんかスタイリッシュ。

愛の告白には

愛の告白に使う。
手に持っているすずらん(一応)はフィンランドの国花。
花言葉は
日本では
「純粋」
「純潔」
「再び幸せが訪れる」
他にも
「希望」
「ずっと前から好きだった」
などの意味があり、プロポーズや結婚式でもぜひ
使いたいお花。

個人的に好きな表現

喜びを表す。
パピプペポが使われると可愛く感じてしまう。
無邪気なリアクション。

残念なことがあった時に使う表現。
voi一つだと「バター」という意味にもなる。

気温の暑さに対して使う。
響きが可愛い。
寒い時には「Palelee!」(パレレー)
これまた可愛い。

1 2





自分が興味あることをまとめていきます。
海外のこと、国内のこと、不思議なことなど色んなことに興味持ってます。
LINEスタンプも作ってます♡
くま兄さん作者です♪