1. まとめトップ
  2. カラダ

夏に後悔しないために!ワキの黒ずみは今からしっかり予防しよう

夏といえば海やプール、ノースリーブなどの薄着になる季節です。そんな時に自分のワキだけ"やたら黒い"。黒ずみの除去は時間を要するものです。夏を楽しく過ごすためには今からしっかりワキの黒ずみを予防しておいた方がよさそうですね。ワキの黒ずみの原因と予防法をご紹介します。

更新日: 2015年05月17日

299 お気に入り 193004 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

かげとりさん

◆夏の到来が今から楽しみな方も多いのではないでしょうか?

今から夏が待ちきれないなんて人も少なくないと思います。

でも、夏を思いっきり楽しむためには今から気を付けないといけないこともあるんです。

◆しかし、そうも言ってられない場合があります

こんなはずではなかったのに…。

ある日、友人と皆で海に行ったときに私だけが、やたら脇が黒い

かわいいデザインのノースリーブを着たくても、わきが気になって手が出ない

◆こんなことにならないためにはワキの黒ずみは今からキチンと予防しておいた方がよさそうですね

ムダ毛と同じくらい気になるワキの黒ずみを防ぐ方法についてご紹介します。

◆制汗剤の多様はワキの黒ずみの原因になります

ワキの臭いを気にするあまり、制汗剤を多様していませんか?制汗剤はワキの黒ずみの原因のひとつです。

しかしながらこの「制汗剤」は汗を抑えるメリットばかりでなく、デメリットもあるようです。

香り成分でワキの臭いを誤魔化しながら消臭するもの、臭いの元となる雑菌を殺菌するものなどがあります。

制汗剤は汗腺を異物で塞ぐことで汗の発生を抑えます。毛穴にフタをすることは肌に良いことではありません。

いずれにしても共通しているのは、パウダーによって汗腺にフタをするという仕組みです。

スキンケアの観点からしてみれば、汗腺(毛穴)を異物で塞ぐことは、お肌に良いことではりません。

また、香料などの添加物が入った制汗剤を毎日のように使うことも黒ずみの原因になりやすいので、できるだけ無添加のものを使うことをおすすめします。

◆ムダ毛の自己処理に気をつけよう

ムダ毛を自分で処理する場合は注意が必要。
お肌が炎症を起こすと色素沈着は

毛抜きを使ったムダ毛の処理は肌への負担が大きいです。気をつけていたとしても、多少ダメージはあります。

毛抜きで毛を抜くと、少なからずお肌は炎症を起こし、それによって色素の沈着が少しずつ起こってしまいます。

1 2