1. まとめトップ

これで清潔!トイレ掃除後のブラシの片づけ方、洗浄、除菌方法

トイレ掃除の後の使ったブラシってどうしてますか?トイレの便器でコンコンして、水を切ったそのブラシ!!!

更新日: 2015年05月15日

60 お気に入り 200856 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

wataco8さん

トイレブラシは掃除した後、どのようにお手入れすればいいのでしょうか?正直、汚物がついたブラシを洗う気になれません。そのまま捨てたくなりますし、そのままトイレブラシの入れ物に入れれば、水分がたまって汚そうだし、ベランダで乾かそうにも、トイレブラシを持ったまま部屋を横断すると、水分がたれそうです。
みなさんの方法を教えて下さい。よろしくお願いします。

そうそう、本当これ悩みますよね・・・。

トイレのブラシはトイレの中で一番雑菌が多い場所

ジョンソンが一般家庭のトイレエリアの雑菌数を調べたところ、なんと汚れた便器を直接洗っているトイレブラシが最も汚染されていました。そう、掃除のたびに使っていたブラシこそが、実はトイレの雑菌やカビの温床だったのです。

(財)北里環境科学センターの調査結果によると、家庭で使用しているトイレブラシ1本あたり72万~8億4000万個の細菌と、7万2000~330万個のカビが付着していると発表されていて、この数値は下水道の汚染レベルに匹敵するそうです。

トイレブラシを乾燥させるためにブラシを振って水切りをされると思うのですが、せっかくお掃除したトイレ室内や、新しく取り替えたトイレマットやタオルに汚水を撒き散らして細菌やカビが付着することによって抵抗力の低い幼児や高齢者がアレルギーや腸管感染症を引き起こす原因のひとつとなっています

これらの菌やカビは、ブラシケースの湿った環境の中でどんどん繁殖。受け皿にたまった水も多数の菌とカビを含んでいることが確認されました。

掃除後のブラシはこれで安心、清潔!

トイレ掃除用のブラシも洗浄・除菌しましょう。 バケツにごみ袋を二重に張り、除菌・漂白剤をぬるま湯にいれて、トイレブラシとケースを30分程漂白します。

ケースも洗えるのはいい!

バケツにビニール袋を張りブラシを入れて移動するときは口を縛れば、バケツも部屋の移動中も衛生的に安心ですね!

ブラシを日光消毒して十分に乾燥させ、それから保管するケアが必要です。

トイレ掃除後はベランダや外でしっかり乾かしてから片づけましょう。

日頃こまめな掃除はブラシを使わずに簡単に済ませる方法

普段の掃除にトイレブラシを使う手間が大変なので私は使用済みのトイレクイックルと割り箸で掃除してます。まず便座を使い捨てトイレクイックルで拭きますよね。それをそのまま捨てずに便座の中に洗剤を足して、割り箸で使用済トイレクイックルを挟み汚れた部分をこすり洗いします。水が溜まってる下の方は、水深によっては恐怖ですがトイレクイックルはそのまま流せるし割り箸はゴミ箱にポイできるので後が楽です。

これはちょっと汚れがきになる時にって感じらしいです。週に1回ブラシで、あとはこの方法なら楽ですね!

トイレ用洗剤を直接スプレーしてトイレットペーパーで拭き取る。
使い終わったペーパーは便器にポイして流すだけ。
スプレーする時は、床から離して全体的に薄く撒くのがコツです。

ビニール袋を手に巻いてやれば使い捨てのスポンジでも、掃除後は手からくるっと袋ごと抜けば片づけも簡単で清潔!

※ビニール手袋でもOK

【ポイント】ブラシを片づけるときのポイント

しっかりつけ置き出来ない時でも、軽く洗って「乾燥だけは」しっかりするのが大事です。

1