1. まとめトップ

デスノート DEATH NOTE - How to use It(使い方) 全文(英語+和訳)

デスノート DEATH NOTEのHow to use It(使い方)、全文(英語+和訳)のまとめです。

更新日: 2019年07月16日

9 お気に入り 40984 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

jpiorijp3さん

デスノート DEATH NOTE

前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート「デスノート」を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする天才・夜神月と、世界一の名探偵・Lの「二人の選ばれし天才」の究極の頭脳戦を描く。

Volume 1

How to Use: I

1.The human whose name is written in this note shall die.
<このノートに名前を書かれた人間は死ぬ。>

2.This note will not take effect unless the writer has the person's face in their mind when writing his/her name. Therefore, people sharing the same name will not be affected.
<書く人物の顔が頭に入っていないと効果はない。
 ゆえに同姓同名の人物に一遍に効果は得られない。>

3.If the cause of death is written within the next 40 seconds of writing the person's name, it will happen.
<名前の後に人間界単位で40秒以内に死因を書くと、その通りになる。>

4.If the cause of death is not specified, the person will simply die of a heart attack.
<死因を書かなければ全てが心臓麻痺となる。>

5.After writing the cause of death, details of the death should be written in the next 6 minutes and 40 seconds.
<死因を書くと更に6分40秒、詳しい死の状況を記載する時間が与えられる。>

How to Use: II

1.The note shall become the property of the human world, once it touches the ground of (arrives in) the human world.
<このノートは人間界の地に着いた時点から人間界の物となる。>

2.The owner of the note can recognize the image and voice of the original owner, i.e. a god of death.
<所有者はノートの元の持ち主である死神の姿や声を認知する事ができる。>

3.The human who uses the notebook can neither go to Heaven nor Hell.
<このノートを使った人間は天国にも地獄にも行けない。>

How to Use: III

1.If the time of death is written within 40 seconds after writing the cause of death as a heart attack, the time of death can be manipulated, and the time can go into effect within 40 seconds after writing the name.
<死因に心臓麻痺と書いた後、40秒以内に死亡時刻を書けば、心臓麻痺であっても死の時間を操れ、その時刻は名前を書いてからの40秒以内でも可能である。>

2.The human who touches the Death Note can recognize the image and voice of its original owner, a god of death, even if the human is not the owner of the note.
<デスノートに触った人間には、そのノートの所有者でなくとも、元持ち主の死神の姿や声が認知できる。>

How to Use: IV

1.The person in possession of the Death Note is possessed by a god of death, its original owner, until they die.
<デスノートを持っている限り、自分が死ぬまで元持ち主である死神が憑いてまわる。>

2.If a human uses the note, a god of death usually appears in front of him/her within 39 days after he/she uses the note.
<死神は通常、人間がノートを使った39日以内に使った者の前に姿を現す。>

3.Gods of death, the original owners of the Death Note, do not do, in principle, anything which will help or prevent the deaths in the note.
<デスノートの元持ち主である死神は、そのノートでの死の手伝いや妨げになる行為は基本的にしない。>

4.A god of death has no obligation to completely explain how to use the note or rules which will apply to the human who owns it unless asked.
<デスノートの使い方や、それを持つ人間に発生する掟を死神が全て説明する義務はない。>

How to Use: V

1.A god of death can extend their own life by putting a name on their own note, but humans cannot.
<死神はデスノートに人間の名前を書く事で自分の寿命を延ばせるが、人間は延ばせない。>

2.A person can shorten his/her own life by using the note.
<自分で自分の寿命をデスノートによって縮める事はできる。>

3.The human who becomes the owner of the Death Note can, in exchange of half his/her remaining life, get the eyeballs of the god of death which will enable him/her to see a human's name and remaining life span when looking through them.
<デスノートの所有者となった人間は、自分の残された寿命の半分と交換に、人間の顔を見るとその人間の名前と寿命の見える死神の眼球をもらう事ができる。>

1 2