1. まとめトップ
  2. 雑学

囚人の自我が崩壊!警備最高レベルの「スーパーマックス刑務所」とは?

広大なアメリカ国内にもたった一つしかない刑務所。最高レベルの警備がしかれたスーパーマックス刑務所。コロラド州のロッキー山脈に囲まれたこの刑務所を脱獄した者は一人もいません...厳しすぎる環境に囚人は精神が病んでいきます...

更新日: 2015年08月22日

215 お気に入り 945112 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

jenny-oさん

スーパーマックス刑務所

「SuperMax」(スーパーマックス)とは、最も危険な犯罪者を収監し厳重な警戒をしている「刑務所施設」のことで、「Super Maximum Security」を意味します。

「Super Maximum」=警備レベルマックス!

Florenceは地名。ADXはAdiministrative Maximum Facilityの略です。

アメリカ合衆国で唯一のスーパーマックス刑務所である

最高レベルにワルイ囚人たちを最高レベルの警備で!

アメリカでも唯一この刑務所だけの特殊警備がしかれており、世界でもトップクラスに厳重な刑務所となっています。

丸見えのショットガン、9ミリ銃、催涙ガス、12個の監視塔

二度と出られそうにありません

アメリカの最高設備の監獄、ロッキー山脈のアルカトラズとも言われる

カルフォルニア州のアルカトラズ刑務所も「脱獄不可能」の異名を持っていました

囚人たちの生活

このSuperMaxに収容された囚人は、通常1日23時間を独房で過ごし、何かを学んだり、リラックスしたりする機会はほとんど与えられません。

囚人達が空を見ることができないように意図的に設計しています。囚人がロッキー山脈の美しい景色を見ることができるのは収容されるときだけで、一度中に入ると二度と見ることができません。

囚人が独房から出るときには手錠、胴体拘束用チェーン、足かせを着けなければなりません。

スーパーマックス囚人には更生のためのプログラムはほとんどない。

この刑務所では、囚人が次第に無能力者になっていく

他人と話す機会もなく、だんだん精神が病んできます。

とある囚人は収監前は精神病の病歴のやその症状はなかった。しかし収容されて以来、精神が錯乱し、睾丸や陰嚢を切ったり、指を噛みちぎったり、自殺未遂などの自傷行為を何度もするようになった。

それは精神の論理的働きを破壊する。思考が解体され、バラバラになる。ただ音のみが彼を捉える。喉の奥が突き出てくる狂気の音。鉄格子がたてる欲求不満の音。壁、ブリキ食器、壁に取り付けられた寝台の音。鋳鉄製の洗面台や便器のうつろな音。そして悪臭。体臭。看守が彼に投げつける糞尿の臭い。長期間風呂に入っていない身体が発散する臭い。

爆弾魔が多い!?現在収容されている著名な囚人達

アルカイダの主要メンバーで9.11テロを計画

テロが実行された後にムサウイは「20人目の実行犯」としてメディアの注目を浴びた。

1 2