1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

もうUV効果ないかも!?サングラスや日傘などUVカット商品の寿命知ってる?

紫外線が肌に与える影響や、紫外線対策の大切さは認知されてきている中、眩しい日差しが降り注ぐところへ素肌のまま出る人はいないと思います。日焼け止めを使ったり、日傘や帽子を活用したり、何らかの紫外線対策をしている方が多いようです。しかしサングラスや日傘などのUVカット商品に寿命があるのはご存知ですか?

更新日: 2015年05月18日

808 お気に入り 432563 view
お気に入り追加

「紫外線対策」はとても重要!

紫外線は、条件によって量は異なりますが、実は一年中降り注いでいます。たとえ、冬でも雨の日も曇りの日でも、紫外線は肌(皮膚)に届いています。

紫外線(UV)は人間にとって有害性が強い、お肌(皮膚)や健康に悪影響があると言われています。

紫外線を浴びすぎると人の健康に影響があることが、多くの研究によりわかってきました。

日焼けによる人体への影響

日焼けにより肌の防護能力をなくし、感染などへの免疫機能が低下。

皮膚への影響としてシワ 、シミ、たるみ、良性腫瘍。 最も懸念されているのが『皮膚ガン』への影響。

目の病気では、目の水晶体が白く濁って視力の低下する白内障、失明の恐れも。

また紫外線を浴びることによって活性酸素が発生するので、日光を浴びるだけで私たち人間は疲れを感じやすくなるのです。

近年は、日焼け止めやサングラスなど各種紫外線対策の商品が売上を伸ばしています。

「UVカット製品」は2種類に分かれる!

「UVカット加工製品」と「UVカット素材商品」

UVカット製品には、素材の表面にUVカット加工を施した「UVカット加工製品」と、UVカット効果のある物質を素材そのものに練りこんだ「UVカット素材製品」の2種類がある事をご存じでしょうか。

UVカット素材製品は、壊れたり破れたりしない限り、紫外線を防ぐ効果は持続すると言われています

「UVカット加工製品」には寿命がある!?

紫外線予防として使っていても機能が発揮できていないこともあるのです。予防しているつもりが後になってシミが大量に……なんてことがあるかもしれません。

何年も前に買ったまま、使い続けていると、効果がなくなっているかもしれません

覚えておきたい!UVカット加工製品の寿命

◆サングラス

出典ameblo.jp

レンズ面を下にしてテーブルに置く、ケースに入れずにポケットにそのまま入れるなど、粗雑に扱うのは禁物。レンズの寿命を縮める原因となります。

サングラスにも寿命があるので、昔買ったサングラスを引っ張り出して、再使用するときは注意が必要です。

コーティングしてあればもちろん、紫外線をブロックする性能があるのですが、 安い物はそのコーティングがはげやすい場合があるとのこと。

新しく買うならコレ!

色が濃いレンズの方が紫外線をカットできると勘違いすることが多いようですが、色と紫外線カットの性能は関係がありません。

UVカットしていない濃い色のサングラスをかけると、瞳孔が開いてしまい、かえって多くの紫外線が目の中に入ることになり危険です。

紫外線カットのサングラスには、「紫外線透過率」が数字で表示されています。これはそのレンズがどれだけ紫外線を透過するかを示す数字なので、低いほどレンズの性能が優れているということになります。

「紫外線透過率1.0%以下」という表示のレンズは、紫外線を99%以上カットすることができると言われます。

1 2





CaressofVenusさん



  • 話題の動画をまとめよう