折れ線と1万円の札束を積み上げたグラフ by アマナイメージズ

将来は100兆円を超えるとも

特に、水道が未発達の発展途上国の都市で爆発的に伸びると考えられています。
日本では飽和状態の水道事業ですが、海外では凄まじい成長分野とも言えます。

この情報が含まれているまとめはこちら

水メジャー「ウォーターバロン」が日本に進出しまくってた!(ヴェオリア、スエズ等)

ウォーターバロン(水男爵)と呼ばれる上下水道の民間水道事業会社がヨーロッパを中心に活躍し、今や世界に触手を伸ばしています。日本の水道事業も優れた技術でウォーターバロンに対抗し、逆に海外でのシェアを伸ばしてほしいものです。

このまとめを見る