日本が得意なハード面(水道建設や水の浄化施設など)はその十分の一

建設などハード面は絶対的な金額が小さめ
ウォーターバロンが得意とするソフト面の規模が圧倒的に大きいのです。

この情報が含まれているまとめはこちら

水メジャー「ウォーターバロン」が日本に進出しまくってた!(ヴェオリア、スエズ等)

ウォーターバロン(水男爵)と呼ばれる上下水道の民間水道事業会社がヨーロッパを中心に活躍し、今や世界に触手を伸ばしています。日本の水道事業も優れた技術でウォーターバロンに対抗し、逆に海外でのシェアを伸ばしてほしいものです。

このまとめを見る