交流戦はパ・リーグからの要望もあり、05年シーズンから導入され、今季で8年目。日本生命が特別協賛スポンサーに付くなど、球界全体での営業面ではある程度の成功を収めている。だが、セ・リーグに限れば巨人以外の球団で、交流戦の主催試合平均観客数が通常のリーグ戦を下回る傾向にあり、見直しを求める声が強い。

出典セ・パ交流戦の試合数を減らすと得をするのは誰か!? - ライブドアニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ファン不在で人気低下必至!? プロ野球交流戦 削減の理由

昨年まで24試合あったプロ野球の交流戦。それが今年は18試合に大幅削減されています。ファンの声を無視し、球界の都合で決められていく日本プロ野球に、明るい未来はあるのでしょうか。

このまとめを見る