1. まとめトップ

遺伝子検査はやった方がいいのか?

遺伝子検査をして、自分の体質を知ることはとても大切ではないだろうか。病院で受診を受けると、『親族に癌になられた方はいらっしゃいますか?』ほぼ100%聞かれますよね!乳がんは、親が乳がんなら70%~80%癌になるらしい遺伝子、細胞レベルで調べておくことは、将来的にも必要ではないだろうか

更新日: 2016年07月23日

2 お気に入り 1336 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kamyinoさん

報道ステーション:ロシアのドーピング問題は、WADAの限界を示しているという。今は,使用禁止薬物の問題を超えて、アスリートの遺伝子操作や再生医療までもが視野にあるからだ。国家的威信よりも、オリンピックで勝つことが「金儲けになる」ことが根底にある限りなくならないだろう。

【最新ニュース】iPS細胞を作り出す際、卵子で働く遺伝子を加えることで効率よく作製する方法を慶応大学のグループが開発し、再生医療のコストダウンにつながる可能性があると期待されます。 NHKニュース&スポーツ nhknews.jp/p/ #nhk #news

質の高いiPS細胞を効率的に作製NHK体のさまざまな組織になるiPS細胞を作り出す際、卵子で働く遺伝子を加えることで効率よく作製する方法を慶応大学のグループが開発し、今後、iPS細胞を使った再生医療のコストダウンにつながる可能性… ift.tt/29HC3aL

そもそもなぜ、がんという病気はなくならないのだろう~

患者の遺伝子を解析し、がん治療に活用する臨床研究を来年1月に始めると発表した。がんは遺伝子の異常によって起きるが、どの遺伝子が変異したかで薬の効き目に差があることが分かってきた。このメカニズムが実証できれば高い治療効果が期待でき、不必要な副作用を避けられる。約200人の患者の遺伝子を研究し、数年後の実用化を目指す。

■「検査時にはなかった」「見落とされた」、どちらも考えられる
 北斗さんのケースを見た場合、多くの人が気にしているのは恐らく、「前年の検査のときにはがんは本当になかったのか」、もしくは「検診のときに見落とされていたのではないか」ということではないでしょうか。
 がんの専門医として、私の経験から推測すると、その答えは「どちらの可能性もある」です。

■北斗晶さんを襲った「乳がん」をどう受け止める?
 タレントの北斗晶さんが、乳がんを発症していたことをメディアで告白して、大きなニュースとして連日取り上げられました。乳がん検診を毎年受検しており、前年には異常がなかったといい、その後に違和感を覚えて再び検査を受けたところ、がんが見つかったということでした。
 自分で異変に気が付いたのは、異常なしと判定されてからおよそ半年後。がんはすでに2センチ

がん患者の10年生存率を公表した。甲状腺がんや乳がんは80%を超えるが、膵臓(すいぞう)がんは5%を切り、がんの発生部位によって大きな差があることがわかった。がん全体では約58%だった。全国規模で10年生存率を調べたのは初めて。
 全国がんセンター協議会(全がん協)に加盟するうち16施設で、1999年から2002年までに診断・治療を受けた3万5287例を追跡調査した。

食糧難時代を見据えてって、食糧難がくるの?

米クララ・フーズは食糧難時代を見据え、酵母を使って人工的に卵白を製造する技術を開発する。卵をニワトリに産ませるには貴重な水が大量に必要だ。アルトゥーロ・エリゾンドCEOは「酵母を使えば効率の良い生産体制を築ける」と力を込めた。
 仏ジェンプレッドは遺伝子分析で人が肝硬変になる可能性を予測する。ピエール・デセインCEOは「早期に病気を予測できれば、適切に予防薬を提供できる」と指摘。

どんどん進んでいるって感じだけど・・実際にはまだまだ・・・

がんは遺伝子で治療法を選択する時代に入った。同じ臓器のがんでも原因となる遺伝子の違いによって、薬の効果や副作用が異なる。次世代シーケンサーと呼ぶ解析装置を使い、患者のがん遺伝子の変異を迅速に調べて最適な薬を選ぶゲノム(全遺伝情報)診療が相次ぐ。4月から北海道大学が、5月から国立がん研究センターが専門部署を立ち上げ、新時代のがん治療を開始した。

遺伝病患者の異常な遺伝子を新型万能細胞(iPS細胞)を使って修復する実験に、バイオベンチャー企業のディナベック(茨城県つくば市、長谷川護社長)や英ケンブリッジ大学などのチームが成功した。生まれつき肝硬変が起きやすい患者からあらゆる組織になるiPS細胞を作り、健康な肝臓細胞に変えた。マウスにこの肝臓細胞を移植したところ、正常に働いたという。

傘下のファンケルヘルスサイエンスが11月1日から予防医療サービス「グッドエイジングプログラム」を始める。利用希望者は通販サイトや全国約170の店舗で遺伝子検査を申し込み、専用の検査キットを使って口腔(こうくう)内の粘膜を採取し発送する。
 遺伝子検査は大阪大学発のベンチャー企業、サインポスト(大阪市)に委託する。

米女優のアンジェリーナ・ジョリーさんが検査を受け、乳房の切除・再建手術を受けたことで注目されている乳がんの遺伝子検査。確かに、同じ家系で乳がんや卵巣がんになった人が複数いる場合は、家族性・遺伝性乳がんの可能性は否めません。発症リスクが25倍にも跳ね上がるとされる遺伝子の研究が進められ、カウンセリングも始まっています。日本での事情を紹介しましょう。
■乳がん患者全体の5~10%が遺伝性

パナソニックは、ベルギーIMECと共同で、1時間で検査が可能な全自動の小型遺伝子検査チップを開発した。数μL(マイクロリットル)の血液から、SNP(single nucleotide polymorphism)などの遺伝子情報を検査できる。SNPは遺伝子の一塩基が人により異なることを指し、これを検出することで、遺伝病の有無や将来的な危険率の診断、疾患関連遺伝子の特定など行える。

 16人に一人が罹患するという乳がんは、女性にとって身近な病気。しかも発症のピークは40代~50代で、社会でも働き盛り、家でも重要な役割を担う年代だけに、影響は深刻です。患者数は増加傾向ですが、医療事情は検査、診断、治療、患者のQOLサポート……あらゆる場面で飛躍的に進化を遂げています。そんななかで、「乳がんにならないための選択」を公表した、ハリウッド女優の行動にも注目が集まりました。

 ファンケルは21日、サプリメント(健康補助食品)を使った予防医療事業に本格参入すると発表した。遺伝子検査で生活習慣病のリスクを解析して顧客ごとにサプリを提案する。来春の食品の機能性表示の制度緩和でサプリも効き目を表示できるようになる。市場も倍の年1兆4千億円以上に広がる見通し。参入企業も急増するとみられ、商品やサービスの信頼性を競うことになりそうだ。

 ディー・エヌ・エー(DeNA)は27日、個人向けの遺伝子検査サービス「マイコード」で、「祖先」を調べるメニューを追加すると発表した。被検者の祖先がアフリカ大陸から日本列島にたどり着くまでのルートがわかる。病気のかかりやすさなどの体質も検査可能。販売価格は税抜き9800円となる。
 細胞内の「ミトコンドリア」を分析し、被検者を「ハプログループ」と呼ぶ考え方で分類する。

さらに2014年、歯周病が全身疾患に影響を及ぼす新しいメカニズムが示された。
 新潟大学大学院歯学総合研究科の山崎和久教授らによるもので、歯周病菌をマウスの口腔から投与したら、腸内細菌叢(そう)が大きく変わり、全身に炎症が起きたというものだ。菌叢の変化で腸のバリア機能が弱まってほつれが生じ、そこを通って体内に侵入した毒素が血流に乗って全身に達するのではないかとしている

ヤフーは、2014年11月に始めた遺伝子解析サービスに先立ち、同年6月から無料モニターを募集した。応募者の中から、日本国内の人口分布に比例した地域的な偏りのない1万人をモニターとして抽出。今回、モニター全員の遺伝子解析を完了したことを受けて、それら1万人分のデータを反映して精度を高めた分析結果を、遺伝子解析サービスユーザー全員に提供する。

。遺伝子検査やスマートフォンから得たビッグデータ解析による健康管理サービスを紹介した。
 この日午前には京都大学の山中伸弥教授が開会講演。iPS細胞研究の現状などを説明し、パーキンソン病を治療する臨床研究で、最初の手術を来年中にも開始する考えを示した。
 学術講演は国立京都国際会館などで13日まで開かれる。

1