1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

老後資金はいくら必要?若いうちから対策しないと相当やばいことに…

老後資金の必要額はいくらでしょうか?老後になると支出が減ると思いますが、それでも月約24万円程度はかかります。これは年金収入等を上回ることが多く、家計は赤字になります。退職金が数千万円出る場合は、3,000万円の用意で大丈夫かもしれませんが、それ以外のケースでは、かなりの金額の用意が必要になります。

更新日: 2015年05月19日

junior_さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
804 お気に入り 279220 view
お気に入り追加

▼ 老後資金はいくら必要なのか?

・若いうちから準備しておいた方がいい…

欲を言えばきりがないけど、もう年金とか当てにならないから切実に老後の心配なく生活できるぐらいのお金が欲しい。 twitter.com/minenayuka/sta…

▼ 老後でも、「支出」は多い…

1カ月の家計収支は次のとおりです。

支出 24万2598円
赤字 5万7592円

消費支出は総務省「家計調査年報」によると平均月約24万円

1か月に必要な日常生活費は、最低で22.3万円。経済的にゆとりのある生活を送るために必要な費用は、1か月36.6万円

・トータルで1億円弱程度はかかる

生活費6900万円+その他の資金(2800万円)=9700万円

※夫婦で計算。

・「赤字」になることは否めない

収支が「赤字」になる状況は現役世代がリタイヤする頃になっても解消されないどころか、もっと厳しい状態になる

老後の定期収入である公的年金や企業年金では生活費が賄えず、貯蓄の取り崩しや仕送りを受けて不足分を補っているようです

▼ よく目安にされる、3,000万円では不足する可能性がある

差額から老後のために準備が必要なお金は3000万円余り

「老後資金は3000万円必要」という記載をよく見かけます

年金生活に入る時に、3000万円は用意したい、とよく言われます

・月々10万円の「赤字」になる

1 2





junior_さん

「読んでよかった!」と思ってもらえるようなまとめを作成したいと思います。

Twitter⇒http://ow.ly/QjbNY



  • 話題の動画をまとめよう