1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

実はドローンじゃない?"ドローン"と"ラジコン"の違い説明できますか

ドローンとラジコンヘリ(マルチコプター)の違いについてまとめました。また、後半には自律飛行のドローンを紹介しています。

更新日: 2016年10月25日

74 お気に入り 208081 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

iroha810さん

▼最近ニュースで見かける「ドローン」

東京都千代田区の首相官邸の屋上に、小型の無人飛行機「ドローン」と見られる物体が落下しているのが、4月22日午前に発見された。

長野市の善光寺の境内に9日、小型無人機「ドローン」が法要中の境内に落下した問題で、県警長野中央署は同日、ドローンを飛ばしたのは横浜市の少年(15)と判明したと発表した。

▼本当は「ドローン」じゃない?

そもそもドローンって呼び方は軍事的なものだと思うけど…。クアッドコプターってラジコンなんだよね。

最近何かと話題になるドローンですがマスコミは呼び方を勉強し直した方が良い レベル的には昔の旧海軍の戦艦をみたらなんでも大和、戦闘機を零戦って言うくらい。 官邸にしたって善光寺にしたってみんなプロポで操縦してたやん pic.twitter.com/sH4YBUzAMF

▼そもそもドローンって何?

ドローンは無人航空機の意味。元々は無人偵察機として開発されていた機体をUAV(Unmanned Aerial Vehicle)と呼んでいたが「ロボット」を意味する言葉としてドロン(Drone)とも呼ばれるようになった。

「ドローン」の形状は様々ですが、一般的にはローター(回転翼)を複数搭載し安定した飛行が可能なマルチコプター型が主流です。

▼ラジコンとドローンは違う?

「ラジコンヘリ」はラジオコントロール、つまり無線操縦できるヘリコプターのことを指し、「RCヘリ」と表記される

ラジコンヘリの中でも、ローター(プロペラ)が複数ある「マルチコプター」を特に「ドローン」と呼んでいます。

「ラジコンヘリ」も無人の航空機であることから「ドローン」の一種といえます

しかし、「ドローン」をGPSなどを利用して自動飛行する無人航空機の総称として捉えた場合、プロポと呼ばれる送信機などを用いて無線で操縦する必要がある「ラジコンヘリ」とは全く別のものともいえます。

ラジコンとドローンとの違いは、以下のような点に現れています。
技術の進歩により一定の範囲内で自動飛行が可能
飛行させることが目的ではなく、飛行させて何らかの役割をさせることが目的

▼自律飛行するのが「ドローン」

ドローンは自立飛行が可能な機体であって形状を示す物ではありません。

単にマルチコプター型を指して外観のみで「ドローン」とされる場合もありますが、自律運転できない玩具などに関しては「ラジコンマルチコプター」が相当し、厳密には間違いといえます。

これが自律飛行ドローン↓

『Lily』

そのドローンの名は『Lily』で、操作して飛ばす事を目的としたドローンでは無く、自分を撮影するために飛行もできるカメラであるというのが開発コンセプト

『Lily』はユーザーの動きに合わせて追いかけてくる。ユーザーがポケットに入れたり手首に装着したりできるトラッキングデバイスを持っていれば、それを追跡しているのだ。

1 2