1. まとめトップ

【サッカー】2019年冬、海外移籍する日本人選手は誰だ?

2019年、冬の移籍市場でJリーグから海外移籍する可能性がある日本人選手をまとめてみました。移籍の可能性、噂のある移籍先も記載しています。※選手の追加や情報の更新あり

更新日: 2019年02月02日

3 お気に入り 741635 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

この移籍市場では誰が海を渡るのか?毎シーズン、この時期が楽しみです。

martin007さん

伊東純也

伊東純也選手の、KRCゲンク(ベルギー)への期限付き移籍が決定しましたのでお知らせいたします。

ゲンクの発表によれば伊東は1年半のレンタルで加入し、完全移籍に向けた買い取りオプションも設定されるとのことだ。

権田修一

この度、権田修一選手がポルティモネンセSC(ポルトガル)へ完全移籍することが決定しましたのでお知らせいたします。

昨季の明治安田生命J1リーグでは全34試合に出場し、J1で2番目に少ない34失点に抑える活躍を披露した。

ポルトガル1部のポルティモネンセに移籍することが決定的になったことが26日、分かった。

板倉滉

マンチェスター・シティFC(イングランド)への完全移籍が決定しましたので、お知らせいたします。

川崎Fからマンチェスター・Cに完全移籍したうえで、2020年夏までの期限付き移籍でフローニンゲンに加入することになった。

東京五輪世代の板倉はセンターバックだけでなく、ボランチもこなすユーティリティープレイヤー。186cmの長身を生かした対人の強さには定評がある。

中山雄太

柏レイソル/U-21日本代表

主要ポジション:CB、DMF

1997年2月16日(21歳)

移籍の可能性:50%

噂のある移籍先:-

このたび、中山 雄太選手の、PECズヴォレ(オランダ)への完全移籍が決定しましたのでお知らせいたします。

柏レイソルは14日、DF中山雄太がズウォレ(オランダ)に完全移籍することを発表した。

昌子源

フランスのリーグ・アンに所属するトゥールーズは、日本代表DF昌子源と契約したことを4日に発表した。

トゥールーズに完全移籍についてクラブ間合意に達し、今後はフランスにてメディカルチェック等を経て正式契約が結ばれる予定と発表した。

移籍金はJクラブからの海外移籍では日本人DF史上最高額とみられる推定約300万ユーロ(約3億8700万円)。

1 2 3 4 5