1. まとめトップ

【サッカー】2017年夏、海外移籍する日本人選手は誰だ?

2017年夏の移籍市場で海外移籍する可能性のある日本人選手をまとめてみました。移籍の可能性、噂のある移籍先も記載しています。※選手の追加や情報の更新あり

更新日: 2017年07月20日

martin007さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
4 お気に入り 404609 view
お気に入り追加

柴崎岳

今夏にリーガエスパニョーラ1部に昇格を果たしたヘタフェが、日本人MF柴崎岳(25)の獲得を発表した。

4年契約を結ぶことを発表。21日に入団発表を行うことも併せて伝えている。

現在、セルタ、アラベス、マラガ、ベティスの4クラブが興味を示している模様だ。

関根貴大

浦和の先輩であり、日本代表で活躍する原口元気(現ヘルタ・ベルリン)からのアドバイスだったと言う。

堂安律

この度、MF堂安律選手が、7/1からオランダ・FCフローニンゲン(FC Groningen)へ期限付き移籍をすることが決定いたしましたので、お知らせ致します。

オランダ1部リーグ・エールディビジのフローニンゲンは23日、ガンバ大阪からMF堂安律が加入することを発表した。

オランダ1部で最多33度の優勝を誇る名門・アヤックスが本格調査に乗り出したことが分かった。

PSVのブランツTD(テクニカルディレクター)が堂安への興味を認め、期限付き移籍での獲得を目指している。

鎌田大地

この度、鎌田大地選手がアイントラハト・フランクフルトへ完全移籍することでクラブ間の基本合意に達しましたことをお知らせいたします。

竹原稔社長(56)、マッシモ・フィッカデンティ監督(49)出席で会見を開き、MF鎌田大地(20)が、ドイツ1部フランクフルトへ完全移籍すると発表した。

獲得オファーを受けていたドイツ1部リーグのアイントラハト・フランクフルトに移籍することが決定的になった。

ドイツ1部リーグのアイントラハト・フランクフルトから獲得の申し入れがあったことが20日、関係者の話で分かった。移籍金は約3億円とみられる。

井手口陽介

「得点を取るし、本当に前に行く。左も右(足のシュート)も質が高い。最近の(J1の)試合で素晴らしいゴールを決めた。どんどん伸びている」と大絶賛。

近い将来の海外移籍を希望した。「Jリーグでは経験できない部分があった。今のままでは無理やと思う。早く海外に行くに越したことはない。

鈴木優磨

1 2 3 4





martin007さん

サッカーを中心に気になることをまとめていきたいと思っています。

このまとめに参加する