1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

twcritiqueさん

内燃機関(ICE)は、作動流体の流れ回路の一部である燃焼室内で、酸化剤(通常は空気)を用いて燃料を燃焼させる熱機関です。

まず、エンジンの中なかでガソリンと空気くうきをまぜて、火ひをつけて爆発ばくはつさせます。そのときに発生はっせいする力ちからを回転かいてんする力ちからにかえるのがエンジンの役目やくめです。
この回転かいてんする力ちからを軸じく(シャフト)をつかってタイヤに伝つたえてやることで車くるまは動うごきます。

内燃機関に限らず、燃焼プロセスを経る装置では、熱効率においてカルノー効率を越えるものは、理論上ありえない。

1

関連まとめ