1. まとめトップ

甘いのに甘くない!?「ココナッツオイル」で気をつけるべきポイント!

「ココナッツオイル」は甘い香りですが買うときや使用するときに気をつけないと、下痢や腹痛になるなど様々な弊害があるため、簡単に手を出せるほど甘くないということを伝えたくてまとめました。このまとめでは気をつけなければいけないポイントをまとめました。

更新日: 2015年06月30日

bluegoatさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
9 お気に入り 11818 view
お気に入り追加

ココナッツオイルとは?

ココヤシ果実の巨大な種子内部の胚乳から抽出精製されるものである。

ヤシ油(Wikipedia)
http://u555u.info/layd

ココナッツの木は“Tree of Life”(生命の木)と呼ばれるくらい、水分、ミネラル、たんぱく質、脂肪、炭水化物など体に必要なすべてのものが含まれている

日本の芸能人や海外セレブが絶賛!

彼女は「これなしで一日を過ごすことなんてできないわ!」というほどのお気に入りだそうです。

【セレブの美容法】ミランダ・カーも愛用中の”ココナッツオイル”効果が凄過ぎてヤバイ!
http://matome.naver.jp/odai/2136613391286938301

ミランダ・カーや、マドンナ、グウィネス・パルトロウといった、有名海外セレブがキレイであり続けるために、こぞって摂取して話題となっている

主な成分は?

お母さんの母乳の成分でもあるラウリン酸は『高級脂肪酸』と言われ、化粧品の原料として使用されます。

ココナッツオイルの組成は、『飽和脂肪酸』であるラウリン酸が50%近くも豊富に含有されており、菌の活動を抑制する抗菌活性という優れた特性を持っています。

ヴァージンココナッツオイルには天然のビタミンEが豊富に含まれていて、合成型のビタミンEの2倍の生理活性で働く抗酸化作用もあります。

効果がスゴい!

食べる効果
1.ケトン体が作られ、脂肪が燃焼される(エネルギー代謝アップ)
2.コレステロール値を下げる
3.ラウリン酸が免疫力を高める
4.抗酸化作用で老化防止
5.ビタミンEが豊富(シワ・肌荒れを予防)
6.便秘改善(腸に浸透して小腸の汚れをデトックスできる)
7.糖尿病を予防(インスリンの分泌を改善)
8.運動能力を高める(疲労を和らげ、疲れにくくなる)
9.甲状腺機能を回復して冷え症を75%改善(2週間続けた場合)
10.がんの予防(前立腺がん・胃がん・大腸がんなど)
11.心臓血管疾患を予防(動脈硬化・狭心症・心筋梗塞など)
12.認知症・アルツハイマー病の改善・予防(ケトン体が脳細胞に栄養を補う)

食べる以外の効果
13.アトピーの改善(皮膚黄色ブドウ球菌に対する抗菌作用)
14.顔のケア(メイク落とし・保湿オイル・紫外線カット)
15.髪のケア(フケ防止・皮髪の修復・補修効果)
16.オイル・プリング(口うがい)で歯のホワイトニング&歯周病予防
17.夜の安全な潤滑ゼリー(市販より安全&男性は血行促進によるED改善効果)

痩せる仕組みは?

体内に取り込まれるとすぐにエネルギーに変わるので、医療現場では点滴薬として使われています。

油を摂っても体重が減る!?(ケトン体ダイエット)

「ケトン体」とは、体内の脂肪酸を分解してできる、肝臓で作られる物質のことで、体脂肪が足りなくなると生命維持のために発生する物質です。
ココナッツオイルを摂ることで体内のケトン体濃度を上げられるというそうです。
本来ケトン体が作られるのは体が栄養不足を感じているときだけなのですが、ココナッツオイルの中鎖脂肪酸を摂ることで体が勘違いを起こしている状態になります。
「ケトン体」は体脂肪を燃焼する機能を活性化させるので、ココナッツオイルを摂ると同時に糖質制限を行うと「より効率良く体脂肪が使われるようになりやせられる」という例もいくつか紹介されているようです。

買うときのポイント

出典vixar.jp

あくまでも「バージン」を選ぶことがポイント!

ちゃんとした製品を選ばないと、お腹を壊します。

信頼出来るメーカーの製品を選びましょう!

精製されたココナッツオイルはダイエットには逆効果。ヴァージンココナッツオイルとは全くの別物

品質の良さ(①<③)
①RBDココナッツオイル

②バージンココナッツオイル

③エキストラバージンココナッツオイル

①RBDココナッツオイルは、R=Refining(精製された)、B=Bleaching(漂白した)、D=Deodorizing(脱臭処理)という意味です。
②と③については日本のJAS規格だと「バージン」「エキストラバージン」などの規格・基準がありません。
ですので、バージンココナッツオイルを選んでおけば間違いなさそうです!

摂取する際のポイント

南の島の人達と違って、私達日本人は古来より食べる習慣がなく身体に免疫がないため、すぐには体が順応出来ないそうです。

食べ初めの頃は、胃腸が弱い方などに下痢や腹痛が起きやすいとのことでした。

ココナッツオイルで下痢になる原因!好転反応とは?改善策は?
http://xn--k9j703lrer.com/archives/2172.html

美容にいいといっても、「油」です。慣れていないのに、そのまま食べると消化不良を起こしたり、下痢を起こすこともあります。

1 2





退屈な毎日に一石を投じるため縁を大事に日々奮闘中です!霊感無いけど心霊マニア歴30年!超猫好き!パワースポット・神社好き!天然石好き!フォロワー募集中!