出典 blog.goo.ne.jp

シュミラクラ現象

久木踏切の線路際はちょっとした雑木林になっています。

雑木林などの鬱蒼と茂った木々を、人物の背景として、写真撮影すると、「光の加減」で「人の顔」に見えるモノが、かなりの確立で撮れます。

心霊写真の多くは、この「光の加減」による「錯覚」に、撮影場所にまつわるエピソードが味付けされてできあがります。

この心霊写真の元になる、光の加減の錯覚をシミュラクラ現象(コンセントさえ人の顔に見える、みたいなこじつけ)といいます。

この情報が含まれているまとめはこちら

スイーツに頼らない!知的好奇心を満たす鎌倉デートの歴史雑学・豆知識

古都鎌倉は日本の歴史を学びながら観光できる大人のデートスポット。スイーツに頼らずクールに鎌倉を散策する、ためになる地元の寺社仏閣や名跡の雑学・豆知識・心霊スポット情報などを紹介。

このまとめを見る