1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

心が自由に・・・結婚報告した元宝塚・映美くららがとっても幸せそう

元宝塚で「純と愛」や「マザーゲーム」に出演した映美くららさんが一般男性と結婚しました。サプライズの求婚だったらしくとっても幸せそうでした。

更新日: 2015年05月20日

18 お気に入り 55860 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

datoyaさん

■元宝塚・映美くららさんが結婚報告!

元宝塚娘役トップの女優、映美くらら(35)が、会社経営の男性(40)と今月中旬に結婚していたことが20日、分かった。映美が自身のブログで明らかにした。

生年月日:1979年6月15日

出生地:熊本県

血液型:O型

共通の友人を通して知り合い、約1年半の交際期間を経て、先週、婚姻届を提出した。挙式・披露宴は未定。妊娠はしておらず、今後も仕事を続けていく。

お相手は1メートル77の会社経営者。所属事務所を通じてコメントを寄せた映美は「友人からは(夫と)似ていると言われる。相手も童顔で小動物系の顔立ち。宝塚ファンではなかった」とおちゃめに告白。

●プロポーズの方法がともかく素敵だった

具体的には内緒ですが、何気ないいつも通りの日常の時に、突然手紙と指輪を渡されました」とエピソードを明かし、手紙を開いた瞬間は「号泣しました。こんなに感動するとは思っていなかったです」と喜びを語った。

●最強のパートナーと夫婦になったと語るほど幸せそう

「大きな心で私を見守り味方でいてくれる、そんな最強のパートナーと夫婦になれたことで、独りでいた頃よりも心が自由となり強い何かが芽生えています。

これからは、私たちの両親がそうであったように、愛情深く、まっすぐで、元気な家庭を共に築いていきたいと思います」と誓いを立てた。

■俳優として夢を届けていくと結婚後も女優は続ける

今後も仕事を続けていく意向で、「家族ができ、より一層仕事にも責任を感じるようになりました。仕事に家庭に、そして俳優としても人としても成長していきたい」と決意。

「ずっと昔から応援してくださっているファンの皆さまにこれからも夢を届けられる俳優でいたいと思います」とさらなる飛躍を誓った。

●映美くららさんは3年で宝塚の娘役トップになったほどの実力者

映美は1999年4月に宝塚歌劇団入団。2001年08月に入団3年目というスピードで、月組のトップ娘役に抜てきされた。

生年月日:1960年10月5日(54歳)

出生地:福岡県

身長:163 cm

入団3年目での娘役トップは黒木瞳(54)に次ぐ早さとして話題を呼んだ。

黒木瞳さんの次のスピード出世

退団後については「今後の予定はまだ決めていません。結婚はないです。ただ、お芝居はすごく興味があって楽しいと思うので、何らかの形で挑戦できれば…と思っています」と話し、“寿退団”ではないと言明。女優は続けたい意向を示した。

2004年の記事 6年で退団した

●特に純と愛ではセクシーさん役で注目を集めていた

その後、女優としてドラマ『ホタルノヒカリ2』(日本テレビ)、連続テレビ小説『純と愛』(NHK)、『血の轍』(WOWOW)、『ペテロの葬列』(TBS)などに出演。

2012年 - 2013年に放送されたNHK連続テレビ小説『純と愛』ではヒロインの夏菜が勤めるホテルの訳あり従業員“セクシーさん”役を演じて注目を集めた。

『純と愛』の「セクシーさん」こと映美くららさん、めっちゃ私好みの美人!元宝塚なのねー。 twitpic.com/bzh0lv

●現在はマザーゲームに出演中で家族の良さを実感してた

現在はTBS『マザー・ゲーム』にも出演しており「ドラマの現場でたくさんのお母さんと子供達の姿を見て、家族の良さを改めて実感、自分に重ね合わせていました」と幸せそうに話している。

1 2