1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「孤独」「友達欲しい」実は超ネガティブな夏菜が共感を集めている

2012年のNHK朝ドラ「純と愛」のヒロインの夏菜。イメージとしては元気・ポジティブですが、実は超ネガティブなことをテレビで明かしました。エゴサーチもしているようで、その心の闇の深さが、逆に共感されネットでも好感のようです

更新日: 2015年05月21日

160 お気に入り 222295 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yuyu170823さん

■女優の夏菜・・朝ドラ主演の経歴をもち知名度も高い

中学の時にスカウトを受けて芸能界入りし、2006年のTBS系ドラマ『ガチバカ!』で女優デビュー。2010年の映画『君に届け』でスクリーンデビューを果たした

女優業に専念するために大学進学をしなかったが、仕事がなかったためにアパレル店員として数年間働いていた

実は2年以上、実に100回を超えるオーディションに落ち続けた夏菜。マネージャーの直感により、髪をバッサリショートに。この決断が夏菜の女優人生を変えた。

●いざ切ってみたら気持ちが洗われてハングリー精神が湧いてきたという夏菜

「落ちるとこまで落ちたから、髪をショートカットに切ってみようぜ」とマネージャーが提案してショートにし運命が変わった・・当時安室奈美恵に憧れていた夏菜と2時間近くもめたという

髪を切ったことで、夏菜の運命も変わり、2011年映画『GANTZ』のオーディションに合格。『GANTZ』で注目を集めると、そこからバラエティー「ピカルの定理」のレギュラーを務めることにもなる

2012年には、NHK連続テレビ小説「純と愛」に主演として出演されて一気に知名度を上げました。

『純と愛』のヒロインに決まり同局で会見した際、過去2回、朝ドラのヒロインのオーディションに落選していた事を告白し「信じられない。なんじゃこりゃ!」と喜びを爆発させた

■そんな夏菜のイメージといえば「明るく元気」

ウメッシュCM「夏菜のウメッシュ 登場篇」でも、太陽の下、麦わら 帽子にオーバーオール姿の夏菜さんは終始笑顔で、元気いっぱいの「梅農家の娘」を 演じている

■実は、イメージとは違い”超ネガティブ”なことをテレビ番組で明かした・・心の闇が深い..

●5月19日に放送された日本テレビ系バラエティ番組『今夜くらべてみました』(毎週火曜23:59~24:54)で、自身の悩みについて赤裸々に語った
●5月12日.映画『鏡の中の笑顔たち』の完成披露試写会の場でも、「(明るいのは)表の部分で、実はネガティブに考えがちなタイプなので」とギャップのある一面を明かしている

テレビ番組で夏菜は、実際のところ「超暗くてネガティブ」な性格なのだと告白。

●ずっと裸族だったという夏菜は、家族中裸族で、風呂上がりもすっぽんぽんだったが、この春、裸族を卒業したと、番組冒頭から仰天発言

「人の親切が信じられない」ことが悩みだと言い、初対面では疑って入るため「この人なんか変だ」「あいさつの仕方が嫌だ」など相手の悪い印象が残ってしまうという

「例え、親切にされても絶対に嘘だと思い、この業界にいると怖くて…」と後ろ向きな発言を連発。

スタッフに対しても「本番を楽しみにしています」と言われても「絶対に楽しみにしていないだろう」と心で思ってしまうのだとか

Twitterなどでエゴサーチをかけた際、自身の批判がされていると、夏菜はある行動にでるそう

悪口を言われると、枕に向かって「わーっ」と泣いたり、ひとりカラオケで、オレンジレンジの楽曲「キリキリマイ」を唄ってシャウトしたり、かなり病んでるようす

■「孤独」「友だち欲しい…」...孤独な私生活も告白した

「常に寂しくて常に孤独を感じている」とも告白。思わず「孤独」「友だち欲しい…」とつぶやきそのギャップで出演者たちを驚愕させた

知人を食事に誘おうにも「相手がつまらないと思っていたらどうしよう...」と考え、実行に移せないそうだ。

「友達を誘ってご飯が楽しくなかったって思われたらどうしようって。帰るタイミングとか探っちゃうんですよね、それを考えるのが嫌で。」とためらってしまうのだとか。

●番組の3人でもそのエピソードは群を抜いていた..

1 2 3