1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

ドラマ「マザー・ゲーム」檀れい演じる毬絵さんが結構いじられている

木村文乃主演ドラマ「マザー・ゲーム〜彼女たちの階級〜」。檀れい演じる小田寺毬絵さんが美しさも含め、色んな意味で話題になっています。毬絵さんは幼稚園のママカーストの最上位に立つセレブママですが、嫌気がなくミステリアスなところも魅力のキャラクターです

更新日: 2015年05月21日

82 お気に入り 648724 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yuyu170823さん

■現在放送中の木村文乃主演ドラマ「マザー・ゲーム〜彼女たちの階級〜」・・幼稚園でのお受験をめぐるママカーストを描いたドラマ

【ドラマのあらすじ】
●地域の区役所職員に蹴っ飛ばされて、息子を名門幼稚園に通わせることとなる主人公蒲原希子(木村文乃)。幼馴染にさえも見捨てられ、華やかなセレブママたちと過ごす波乱万丈幼稚園ライフ。庶民だからこそ見える理不尽さや違和感を素直にぶつけ、反発し合いながらも友情や絆を深めていく。

清楚な正統派美人女優として人気の木村文乃(27)がTBS「マザー・ゲーム~彼女たちの階級~」(4月14日スタート、火曜後10・00)連続ドラマに初主演。

ママカースト、ママ友いじめ、お受験トラブル等、ネガティブなママ友トラブルを、低年収なシングルマザーが解決していく

主演の木村文乃と関わっていくママたちが、壇れい、長谷川京子、安達祐実、貫地谷しほり…と、超豪華なのです!そのなかでも、群を抜いてセレブなママを演じる檀れい・・・

ジュエリーブランド「CHAUMET」と日本ドラマがコラボしており、総額2億円越えのアクセサリーを身に付けて撮影されたポスターも話題になっていました

●BMWがスポンサーでセレブママの車はBMWばかり。ドラマの内容以外にも見所が多い

■宝塚出身の女優・檀れいが出演している・・・醸しだすその上品な美しさは唯一無二

1992年、宝塚歌劇団に入団。雪組公演『この恋は雲の涯まで』で初舞台。ちなみに檀れいという芸名は、本名のまゆみと同名の樹木「檀(まゆみ)」から名づけられています。

実は成績下位だった下級生時代。第78期生として入団した彼女ですが、同期には瀬奈じゅん、大空祐飛、貴城けいなどスター揃い。入団時の成績は40人中40番と最下位でした。

そんな状態から努力を重ね、1999年、月組トップ娘役に抜擢されます。その後専科を経由して、星組トップ娘役に就任。

宝塚時代、2度の中国公演に参加し「楊貴妃の再来」という最大の賛辞が送られた。

ハイレベルな同期を追い越してのトップ役抜擢だったり、急な抜擢だったこともあり、檀は宝塚内部からもファンからも猛烈なバッシングやいじめを受けることに。

ファンレターの中にカミソリが入っていたこともあったそうです。楽屋口を出るときに、ファンに足を引っかけられたりというのは日常茶飯事だったみたいです

2005年、『長崎しぐれ坂』をもって退団。その後は女優として新たなキャリアをスタート。2006年12月に映画『武士の一分』で銀幕デビュー。日本アカデミー賞優秀主演女優賞をはじめ、数々の映画賞を受賞。

■檀れいの演じる「小田寺毬絵」というキャラがいる

最初は、希子さんに「世界が違いすぎるかもしれませんわね…あの方は」なんて言っていましたけどね..

ドラマの中では、年収5億3千万という超セレブママ。檀れいさんが演じる小田寺毬絵は、国内有数の不動産王、小田寺家の跡取り娘

ママ友5人の中で. 圧倒的なセレブですが、最も謎が多い.のが 小田寺まりえさん

幼稚園で一番権力をもっている存在だが、本人は権力争いに興味なさそうで、主人公・希子を気にかけている。一番権力のあるキャラだが意地悪じゃないという珍しい設定でもある

▽その美しさはドラマ開始直後から話題になっていた・・大人ボブが気品を際立たせる..

格好も立ち居振る舞いも、完全にセレブな壇れい。

檀れいってきれいだなー。セレブ似合うなぁ、かわいいなぁ、いいなぁ、、♡♡

檀れいきれいやぁ ひとつひとつのしぐさがもう優雅すぎて 惚れる あんなお母さんとかやばいなぁん

@kanoharumama 職場で毬絵ごっこが流行ってるんよ!あたしは、明日の早朝みるわー!毬絵の長男に期待!

■実は、結構色々とドラマ内・外でいじられているこの毬絵さん

1 2 3