1. まとめトップ
  2. カラダ

「食べないだけ」はもう卒業!食事制限をする際の注意点とポイント

ダイエットと言うと、真っ先に食事制限を思い浮かべることが多いですよね。でも、ただ「食べないだけ」では、ダイエットそのものが続かず、栄養が偏り、体を壊してしまうことも多くあります。上手に食べて賢くダイエット!食事制限をする際の注意点とポイントをまとめてみました。

更新日: 2015年12月31日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
291 お気に入り 119319 view
お気に入り追加

▼そろそろ夏。痩ーせーたーい!

まじで痩せたいと言い続けて早3ヶ月… そろそろ本気で痩せないと水着着れない…

今日からみんな私のことデブって呼んでください本当にお願い!!!!!! 本気で痩せたいからお願いします!!!!デブって呼んでお願い!!!!

▼女性はいくつになっても痩せたい、スタイルを維持したい生き物。

女性の体は、10代から40代にかけ、体型の変化が顕著に表れる時期が3度訪れると言われています。
でも、それに抗ってでも痩せたい、スタイルを維持したいと思うのが女性。

▼何度も何度もダイエットを繰り返すことだってある!

ダイエット→リバウンドを繰り返したり。
途中で挫折したり。
それでも何度もやってしまうダイエット。

いろいろなダイエット方法にチャレンジしたけれど、どれもなかな結果が出ない。続かない。途中で挫折してしまう。その繰り返し。

「ダイエットするたびに途中で挫折する…」
「最後まで目標体重に届くダイエットをしたためしがない…」

振り出しに戻り、リバウンドし、後悔して再開する

▼ダイエットと言うと、思い浮かべるのが食事制限。

ダイエットと言うと、食事制限やキツイ運動が浮かびますよね。食事制限は、食べないこと、食べる量が少ないので、数日単位なら痩せるのも事実!

ダイエットといえば、何といっても食事制限を思いつく人も多い

結果を早く出したいがため食事制限によるダイエットをする

一時的に痩せたとしても、太りやすくなってしまったり、次に食べる時に体が食べ物を吸収してしまうことも…。
また、疲れが取れない、眠れなくなる、ホルモンバランスが乱れるなど体に与える悪影響は多くあります。

食事制限だけのダイエットという実はとても危険。大きな理由は、一時的に痩せたとしても太りやすい体質になる危険性が高いから

体に与える悪影響としては一般的に体調不良が有名です。

無理な食事制限をするとホルモンバランスが崩れる

□摂取量よりも中身が大切!食事制限をする際の注意点とポイント!

①「これだけは絶対に食べない」と言うものを作らない。

「甘いものは食べない、炭水化物は食べない」
「絶対に食べてはいけない」と思うのはNG。
食べる時は量を決める、今、体が食べたいと思っていないから食べないと考え方を変える。
それだけで長く続けることが出来ます。

「食べてはいけない」と思う心が食欲を加速させます。「食べたいけど、我慢しなければいけない」と自分に厳しく規制を与えれば与えるほど、心の食欲が止まらなくなり、暴飲暴食に陥ってしまいます。

「様々なものに制限をかける=ダイエット」ならば、それはもはや訓練のようなもの。私たちはその訓練に無期限に耐えられる程強くありません。「これは食べてはダメ!」という制限を自分にかけて辛い思いをするのではなく、「これは今食べる必要がない、おなかも実際そんなに空いていないし」と、自分への言い聞かせ方を変える

1 2





lulu0803さん



  • 話題の動画をまとめよう