1. まとめトップ

絶滅危惧種の打てる捕手 西武・森友哉のホームランが超絶美しい 【プロ野球】

かつての野村克也(ノムさん)、門田博光、古田敦也、城島健司そして阿部慎之介と続く打てる捕手の系譜。打って守っての二刀流に夢を見るファンは多いですが、実現は困難。本塁打の減った現代のプロ野球に改めてフルスイングの魅力を教えてくれる選手が登場!交流戦も森友哉に注目!

更新日: 2016年10月05日

2 お気に入り 9797 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nyokikeさん

▼球界の主役になりそうな19歳、西武ライオンズ森友哉

ドラフト制度導入以降で、高卒2年目までに2ケタ本塁打を記録した選手というのは過去に4人しかいない。

◆ 過去の高卒2年目までの2ケタ本塁打達成者
(※ドラフト制度導入以降)

清原和博(西武)=1年目(1986)/ 31本
松井秀喜(巨人)=1年目(1993)/ 11本
掛布雅之(阪神)=2年目(1975)/ 11本
大谷翔平(日本ハム)=2年目(2014)/ 10本

プロ入り即活躍した高卒野手といえば、西武ファンならずともまず思い浮かべるのが清原和博(元西武ほか)だろう。高卒1年目の清原が記録した31本塁打は、大卒、社会人出身者も含めた新人最多記録であり、野球ファンの間では今なお伝説として語り継がれている。

▼野球解説者もファンも絶賛

元中日、オリックス、楽天

彼の魅力は、レフトからライトまでどの方向にも打てるということ。ただ打つだけなく、強い打球が打てるところにセンスの良さを感じます。打てるポイントが非常に多いバッターですよね。

元阪神、日本ハム、オリックス

打者というのは、強くスイングしたいと思えば思うほど、ピッチャー方向に体が行ってしまうものなんです。強い打球を打つには、しっかりボールを呼び込んで、腰の回転で打たなければなりません。森はその形ができています。

ボールの軌道にバットを入れることができるので、確実性は格段に増します。それに彼の場合、フォロースルーが大きいから飛距離も出る。つまり、打率も残せるし、長打も打てる。阿部慎之助(巨人)と同じタイプですね。

彼のバッティングを見て、似ているなと思ったのが小笠原道大(中日)です。ふたりとも、プロの中では決して体が大きいほうではないですが、打席の中ではすごく大きく見える。

元オリックス、カージナルスほか

野球の本当の怖さを知った時にどう向き合うかでしょうね。その時に、これまでと同じようなスイングができるのかどうか。打てなくなるとスイングが小さくなって、これまで手が出ていた球も振れなくなってしまう。この壁をどう乗り越えていくのか、楽しみにしています。

西武打線に何発ホームラン食らうだろう。 おかわり浅村メヒア森…いずれも巨人なら即四番よ。

交流戦で西武見に行きたい 森のホームラン弾道きれいすぎてほれる

▼交流戦ではライトで出場

田辺監督は、「今のところは捕手としての起用というのは考えていない。交流戦9試合は右翼で起用する」と断言。「将来的には捕手としてチームを引っ張るのが理想だが、守備面に関してはこれからでも追い付いてくる」とし、「今は打撃を思い切り伸ばしていく時」と力強く述べた。

石井一久氏は外野での起用に関しても「そうせざるを得ないくらい打撃がいいということ」。
西武OBの平尾博嗣氏「森が打っているより、銀仁朗が守っているから今のライオンズは勝ってるんですよ」
捕手としての信頼はまだまだ。

▼森はDH希望?

「キャッチャーとして試合に出ると、考えることがいっぱいで試合中は常に守りのことが頭にあります。それに、試合が終わったあとの疲れ方が全然違います。だから、バッティングに集中できるということでいえば、DH、外野、キャッチャーの順ですね」

▼今季の1号~8号までのダイジェスト

▼余裕で2桁ホームランを達成!

西武・森が同点の4回に決勝の右越えソロ。2点リードの8回にはバックスクリーンへ11号ソロを放った。ドラフト制(1966年)後、高卒2年目以内での2ケタ本塁打は、14年の大谷(日本ハム)以来9人目の快挙だ。

▼オールスター最年少最多得票

西武の森友哉捕手(19)が指名打者として両リーグ最多の53万6267票を獲得。20歳シーズンで両リーグ最多得票は55年の阪神・吉田、94年のオリックス・イチロー、10年の広島・前田健の22歳シーズンを2年更新する快挙となった。

「オールスターなのでフルスイングでホームランを狙いたい。しっかり盛り上げられるようにプレーしたい。まだまだ自分は力がないですけど、(大阪桐蔭の先輩の)中村さん、中田さん、浅村さんに負けないようにやっていきたい。(黒田さんは)スーパーピッチャーなので、対戦する機会があれば打ちたい」

森がファンへ御礼弾をぶちかました。6回1死二塁。斎藤にカウント0―2と追い込まれながら内角の143キロを完璧にとらえ右翼ポール際へ大きな放物線を描いた。

13号2ランに「追い込まれてから理想のバッティングができた。最近調子悪かったんでよかったです」とコメント

1 2